ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

森友学園問題で公文書改ざん事件に関連し、自ら命を絶った方の手記が公開

  1. 人と会社・企業

こんなことが許されてはならない

こんなことがあっていいのでしょうか?

森友学園問題で公文書改ざん事件に関連し、2018年3月7日に自ら命を絶った方の手記が公開されました。

以下、週刊文春オンラインの記事を引用いたします。

森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん事件に関連し、2018年3月7日に自ら命を絶った財務省近畿財務局管財部の上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)が、死の直前、決裁文書の改ざんの経緯を詳細に記した「手記」を遺していたことがわかった。

大阪日日新聞記者で、森友学園問題を当初から取材し続けている相澤冬樹氏が遺族から「手記」全文、および関連する手書きのメモの提供を受けた。

「手記」と題されたA4で7枚の文書は、自殺当日まで書かれていたとみられ、「すべて、佐川理財局長の指示です」「美並近畿財務局長に報告したと承知しています」など、当時の財務省、および近畿財務局の幹部らの言動について実名で詳細に綴られている。また「財務省が国会等で真実に反する虚偽の答弁を貫いている」などと同省の対応を強く批判しており、赤木氏自身、そうした不法行為に加担させられて心身ともに苦しんだ様子もつぶさに記されている。

「手記」の最後には、こう書かれていた。

〈この事実を知り、抵抗したとはいえ関わった者としての責任をどう取るか、ずっと考えてきました。

 事実を、公的な場所でしっかりと説明することができません。

 今の健康状態と体力ではこの方法をとるしかありませんでした。(55才の春を迎えることができない儚さと怖さ)

 家族(もっとも大切な家内)を泣かせ、彼女の人生を破壊させたのは、本省理財局です。

(中略)

 さようなら〉

公文書改ざんに直接かかわった人物の肉声が公になるのは初めてのこと。

2018年3月2日に朝日新聞の報道で改ざんが発覚し、同3月7日に赤木氏が自殺した後に、財務省は調査を行い、幹部らを減給などの処分にしている。だが、手記には財務省が意図的に事実を隠蔽し、国会で虚偽答弁を行ったことを示す経緯が克明に綴られており、今後、論議を呼びそうだ(週刊文春オンライン 2020年3月17日)。

心がたまらなく痛くなります。

赤木さんはどれだけ無念だったことでしょう。

理不尽な目に遭いとても悔しかったことでしょう。

どんなに怖かったことでしょう。

心より哀悼の意を表します。

ご家族の心中も察するに余りあります。

こんなことは絶対に許されてはなりません。

安倍首相の言葉

安倍首相がぶら下がり取材に答えました。

以下、毎日新聞の記事を引用いたします。

安倍晋三首相は18日、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の公文書改ざん問題を巡り、自殺した財務省近畿財務局の職員の遺書に佐川宣寿理財局長(当時)の指示だったと記されていたことに関し、「大変痛ましい出来事で、本当に胸が痛む。改めてご冥福をお祈りしたい」と語った。そのうえで「財務省で麻生(太郎)大臣の下で事実を徹底的に明らかにしたが、改ざんは二度とあってはならず、今後もしっかりと適正に対応していく」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた(毎日新聞 2020年3月18日)。

安倍首相も大変悲しんでおられることでしょう。

そう信じたいです。

しかし大変申し訳ないのですが、安倍首相の言葉に違和感を覚えてしまうのです。

そもそも森友問題の公文書改ざんの原因は、安倍首相が「私や妻が関係していたということになれば、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員もやめる」と平成29年2月17日の衆議院予算委員会で答弁したことにあるのではないでしょうか?

可能性の話しで申し訳ないですが、もし、公文書を改ざんしなかったら安倍夫妻が関わっていたことが明確になったかもしれません。

改ざんしたことによって安倍首相は救われたのかもしれません。

あくまで可能性の話しですが・・・。

本当にやるせなくなります。

改ざんは絶対にいけないことです。

しかし、なぜ改ざんが行われたのかについては、原因を究明していないように見えます。

それでは同じ過ちを繰り返すことでしょう。

二度とこのような改ざんが繰り返されないように、原因を明確にして改善して欲しいと願うばかりです。

私たち国民は以下のことも忘れていません。

我が国は正しい方向に進んでいるでしょうか

最近特に疑問に思うことがあります。

それは我が国は本当に正しい方向に進んでいるかということです。

どう考えても不自然なことが多すぎます。

これらが国民のためになっているとは到底思えないのです。

ごく一部の人のためにしかなっていないような気がするのです。

そのために、大切な命が失われることは絶対にあってはなりません。

また、大切な税金が一部の人のために勝手に使われてはいけません。

森友事件も、加計学園も、桜を見る会も問題の本質はそこにあります。

こんなことが許される国であってはなりません。

許されるように官僚のみなさんも動いてはいけません(いわゆる忖度)。

残念ながら、今も国会では白を黒と言うような大臣の答弁が目立ちます。

そんなことのために大臣になったのではないはずです。

官僚であるみなさんは、そんな答弁書を書くために官僚になったのではないはずです。

どうか、国民のための政治をお願いしたいと強く思います。

お願いですから国民を見てください。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声