ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

今回の10万円の現金給付・・・最も求められることはスピードです

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

安倍晋三首相が首相官邸で記者会見

安倍晋三首相が首相官邸で記者会見をしました。

昨日、緊急事態宣言の対象を全国に広げたこととあわせて、大型連休に向けて外出自粛の徹底を呼びかけました。

地方への人の移動については、国民生活に甚大な影響を及ぼす恐れがあると訴えました。

また、10万円の給付については、できるだけ早く支給するために郵送やオンラインにしたいという意向を示しました。

以下、情報源として日本経済新聞の記事を引用いたします。

安倍晋三首相は17日、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の対象を全国に広げたのを踏まえ、首相官邸で記者会見した。人と人との接触の削減を巡り「いまだ目標のレベルに達していない」と述べ、大型連休に向けて外出自粛の徹底を呼びかけた。

「都市部から地方への人の流れが生まれるのは絶対に避けねばならない」と強調した。

地方への人の移動は「最も恐れるべき事態である全国的かつ急速なまん延を引き起こす」とし「地域医療に大きな負担になり、国民生活に甚大な影響を及ぼす恐れがある」と訴えた。

宣言の全国拡大に伴って交通機関に減便を要請する考えはないと明かした。「減便で混雑が起こる」と説明した。

今後の見通しでは「長期戦も予想される」との見方を示した。5月6日を期限とする宣言延長の是非には「専門家の提言をいただきながら延ばすかどうか判断する」と語った。

首相は減収世帯への30万円給付を撤回し、1人当たり10万円を給付する方針に変えたことには「もっと早く決断しておけば良かった。私自身の責任であり、おわび申し上げたい」と陳謝した。

できるだけ早く支給するため「スピードを重視し、手続きは市町村の窓口ではなく郵送やオンラインにしたい」との方針を示した。窓口の混雑を避ける狙いもある。方針変更の理由について「国民から寄せられた様々な声、与野党の声を踏まえた」と釈明した。

財源を盛り込んだ2020年度補正予算案の国会への提出時期を巡り「やり直すことになるため、さらに1週間程度時間を要する」と述べた(日本経済新聞 2020年4月17日)。

まだ優先順位がわかっていない方がいるようです

今回の10万円の現金給付において、最も求められることはスピードです。

安倍首相の言葉のとおりです。

中小企業の現場では刻一刻と影響が大きくなっています。

特に自粛の影響を直接受けている飲食店等は文字通り緊急事態であり、あらゆる方面から一刻も早い現金給付が求められます。

医療現場も然りです。

最前線で働かれている方々のモチベーションがとても心配です。

ところが、それを妨げるおそれがある発言がちらほらと聞かれています。

とある方は、「手を上げた方から給付する」という話しが聞かれました。

また、とある方からは「電子マネーの配付が望ましい」という話しが聞かれました。

これらの発言は、今いちばん求められるスピードを妨げるものになります。

この10万円は経済を回すためのものではありません。

誤解を恐れず申し上げれば、最前線でがんばっている方々へのモチベーションアップのためのものです。

現金でなければ全く無意味なのです。

速やかに現金で支給するからこそ意味があるのです。

国民が求めているものがわからないことは悲しいことです

政府は国民に対して外出自粛の徹底を呼びかけています。

それは新型コロナウィルスの感染が拡大しないためには不可欠です。

しかし、今、個店を営んでいる方々に対しては大変なダメージが与えられています。

それゆえ、外出自粛を徹底させることと同じように、ダメージを受ける個店等には徹底した補償が必要なのです。

同時に、医療の最前線で働かれている方々は心身共に疲弊しています。

そのダメージは刻一刻と大きくなっています。

10万円はその一部の補償とも言えますが、国が自分たちを見捨てずに何かをしてくれたという証明なのです。

何卒、速やかな現金給付をお願いいたします。

私が知る限りのお話で恐縮ですが、飲食店をはじめとする個店は、まさに今必死になって、歯を食いしばってがんばっています。

医療現場の最前線で働かれている方々も然りです。

そういった方々の姿を1度でも見れば、「手を上げた人から給付」であるとか「電子マネーで給付」といった話しはでないでしょう。

まさに今、現金の給付が必要であることがわかると思います。

もしこれらのことが理解できないとすれば、とても悲しいことであります。

何卒、お願いいたします。

そして、最前線でがんばっている方々には最大限のエールを送り続けます。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声