ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

布マスク検品の費用8億円?その費用を負担するのは国ですか事業者ですか?

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

これは民間ではありえないこと

布マスクについて、再び不自然なことが起きました。

厚生労働省は布マスクの検品を業者に依頼したそうですが、その費用に8億円がかかるというのです。

以下、情報源として日テレNEWS24の記事を引用いたします。

国民に配布する布マスクの検品に、およそ8億円かかる見通しです。

妊婦用に配布されたおよそ47万枚の布マスクのうち、およそ1割の4万7千枚にカビや異物の混入などがあったことを受けて、政府は、返品されたマスクを含め国民に配布する全ての布マスクについて、業者に依頼し検品しています。

この費用について、厚生労働省は14日、およそ8億円を見込んでいることを明らかにしました。550人態勢で1枚ずつ目視で確認しているということです。

社民党の福島党首は「税金の無駄使いだ」と追及しましたが、厚生労働省は、国が検品することで「国民の不安解消につなげたい」と強調しました(日テレNEWS24 2020年5月14日)。

また、以下に共同通信の記事を引用いたします。

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として政府が妊婦向けに配る布マスクで不良品が見つかった問題で、厚生労働省は14日、参院厚労委で、自治体から返品された布マスクの検品費用として約8億円かかると明らかにした。

厚労省によると、妊婦向けの布マスクを巡っては、4月30日時点で自治体に配布していた約47万枚のうち約4万7千枚について、異物混入や汚れなどがあったとして返品されていた。現在、国が委託した専門業者が約550人態勢で検品しており、不良品が確認されれば取り除くという。

全世帯向け配布の布マスクについては、12日時点で12枚の不良品を確認したと明らかにした(共同通信 2020年5月14日)。

私は新たに8億円が必要となることにも、検査のために業者に発注したことにも驚いてしましました。

普通ならば、元々「布マスク業務」を受注した企業が不良品の対応と対策を責任を持ってしますし、新たな費用が必要になることもないからです。

布マスクについてはこれまでも不自然なことばかり起きています。

民間企業の取引では考えられないようなことが連続して起きています。

検品にかかる費用の8億円は私たちの税金ですが、なぜこのようなことが起きてしまったのでしょう?

3つの疑問を呈します

今回は以下の3点について疑問が出てきました。

①そもそも検品は布マスクの業務を受託した企業が行うべきではないのか?(なぜ国は検品という工程を他の業者に委託したのか?)
②検品の費用がかかりすぎでは?その内訳について説明が必要です。
③検査の費用を負担するのは布マスク業務を受注した企業ではないのか?なぜ国なのか?

そもそも検品は布マスクの業務を受託した企業が行うべきではないのか?(なぜ国は検品という工程を他の業者に委託したのか?)

私は我が国の製造業は世界に誇るべきレベルだと常に思っています。

その観点から考えるとこの布マスクについては不思議なことばかり起きています。

まず、本当に当たり前の事なのですが、この検品工程はマスク事業を受注した事業者がすでに実施しているべき事です

それなのに、なぜ検品だけを他の業者に委託するのでしょうか?

もう一度検品が必要ならば、マスク事業を受注した事業者が行うべきです。

約47万枚のうち約4万7千枚が異物混入や汚れなどで返品されていれば不良率は10%となりますが、民間企業では考えられないレベルのクレームです。

布マスクは私たちの税金が使われていますので、布マスクの受注業者は、どのように検品作業を行ってきたか説明する必要があるのではないでしょうか?

目視で不良かどうかがわかるレベルならばなおさらです。

我が国の製造業ならば、このような不良は絶対にあり得ないことだけに残念でなりません。

万が一出したとしても速やかに責任を持って改善されます。

特に中小企業(協力会社)は元請企業から大変厳しい品質管理を受けています。

協力会社の検査工程は大変な厳しさの中で元請企業も確認します。

しかし、今回のように納めた商品の1割にクレームがあったならば、元請企業が協力会社を訪れて、製造ラインを止めて徹底的に工程をチェックしなければなりません。

例え何日かかろうとやらなければならないレベルです。

厳重注意ではすまないでしょう。

再発防止策を施しても許してもらえないでしょう。

そのような次元のことが起きているのです。

一体どのような計算ですか?

8億円という費用の根拠を明確にして欲しいと思います。

単純に、検品にかかる1人あたりの費用は約1,454,545円(8億円÷550人)です。

4月30日から今日まで約半月です。

一般の製造業において、半月で1人あたり145万円もの人件費がかかるような検品作業は絶対にありえません。

費用がかかりすぎです。

しかも、目視によるチェックであり、熟練工のような特別なスキルが必要な訳ではありません。

これも明確な説明が必要でしょう。

8億円は私たちの税金なのですから。

税金は私たちの汗と涙の結晶なのですから。

検査の費用を負担するのは布マスクの製造を受注した業者ではないのか?なぜ国なのか?

布マスクの検品にかかる8億円の費用は国が負担するそうです。

私は腰を抜かすほど驚いてしまいました。

製造業の方はもちろん、民間企業で働いている方ならば、いかに不自然なことかおわかりになると思います。

不良を出した企業が責任を持って対応するのが当然だからです。

この費用を発注者である国が出すということは、我が国の製造業ではまずあり得ません。

なぜこのようなことが起きているのでしょうか?

8億円のもの大金が使われていることで多くの国民が不安になることをわかって欲しいです。

「国民の不安解消につなげたい」と本気で思うならば、補償と給付を一刻も早く行って欲しいです。

どうか国民のためになる税金の使い方を徹底して欲しいです

いつも申し上げておりますが、私は特定の政党を支持しておりません。

どの政党であっても、判断基準は国民とその多くが働く中小企業のためになるか否かにあります。
(我が国の事業所の99.7%が中小企業。働く人の7割が中小企業に属しています)

布マスクは果たして本当に国民のためになっているのでしょうか?

税金を納める1国民として苦言を呈します。

どうか国民のためになる税金の使い方を徹底して欲しいと切に願います。

問題点を明確して、改善して欲しいです。

そうでないといい国はつくれないと思います。

美しい国にはならないと思います。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください