ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

報告・連絡・相談を機能させるためには部下に報連相をさせないことが大切

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

情報を集めるためには

企業経営において、情報は極めて重要な経営資源のひとつとなります。

それだけにリーダー・上司は情報に対して意識を高くすることが求められます。

リーダークラスの方々は、日頃どのようにして情報を集めていますか?

現場の情報に関しては、部下に報告・連絡・相談(いわゆる報連相)を徹底させているという方も多いと思います。

しかしながら、なかなか集まってこないのではないでしょうか?

どうすれば部下に報連相を徹底させることができるか頭を悩ましている方も多いでしょう。

報連相を徹底させようとするあまり、部下に厳しく強要させるケースも目立ちます。

その効果はありますか?

いくら厳しく叱っても現場から速やかに情報はあがってこないのではないでしょうか。

報連相を機能させるためには報連相をさせないこと

報連相を機能させるために必要な事を申し上げます。

それは「部下が報連相をすることは社会人として当然」という「常識」を1度捨て去ることです。

「え?」と思う方も多いことでしょう。

みなさんの会社の報連相は次のような状態になっていませんか?

〇そもそも報連相の目的を見失ってしまう
〇部下の報告を言葉を遮らずに最後まで聴くことができなくなってしまう
〇部下の報告・連絡・相談してくれたことに対して否定したり叱ったりしてしまう
〇部下が報連相をしないことに対して否定したり叱ったりしてしまう

結論は、これらと反対のことをすれば、報連相は機能します。

上記のケースが当てはまる会社の場合、報連相は部下にとって「とてもいやな時間」となります。

「やらされ感」で報連相をしているケースがとても多いのです。

ここで逆転の発想をしましょう。

報連相は部下に強制的にさせるのではなく、自主的に行えるようにリーダーは力を注ぐべきです。

人は常識だと思っている事が守られないシーンに出くわすとムカッとする

上司が「報連相は常識だ」という思考に捕らわれてしまうと、「常識」が守られない人に対して人は「けしからん」と思ってしまうようになりますです。

これはほぼ無意識の感情だと思います。

報連相のシーンでも然りです。

上司の方の中に、部下は報連相を完璧に行うことが常識だと思い込んでいないでしょうか?

それが完璧でない時、思わず叱ってしまうのではないでしょうか?

報連相の場が叱られる場になっている会社も少なくありませんが、それでは全く意味がありません。

報連相は建設的な時間であるべきなのです。

そもそも報連相の目的とは

そもそも、報連相の目的は「GOOD NEWS」のみを吸い上げることではありません。

むしろ、現場で起きた大切な情報や問題(BAD NEWS)を素早く吸い上げ改善に繋げることが本質です。

これによってPDCAサイクルは回るのですが、その源となる問題点は部下にとって言いにくい内容であることを意識しましょう。

言いにくいことに対して上司が叱ったり否定してしまったりしたら、部下は問題点をさらに言いたくなくなります。

これは風通しの悪い組織そのものです。

ですから、「リーダーは部下の報連相に対して、最後まで遮らず、叱らずに聴くことができるスキルを身につけなければなりません

これを傾聴力と言います。

ぜひ、リーダーのみなさんは傾聴力を磨き、部下からの情報が自然に集まってくるような風通しのいい組織風土をつくるよう進めていただきたいと願っております。

さらにリーダーは、人からの情報を鵜呑みにするのではなく必ず現地・現物・現認をすることも重要になります。

人を大切にする経営を実践し、高い生産性を実現している会社は、そのような社風をつくっています。

リーダーのみなさん、報連相の場こそブレーンストーミング(批判厳禁)が大切です。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください