ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

前法務大臣が公職選挙法の容疑で逮捕・・・首相が責任を痛感し国民にお詫び

  1. 人と会社・企業

申し訳ないですが何も変わっていないように見えてしまいます

今日、河井克行前法務大臣が公職選挙法の容疑で逮捕されました。

これを受けて安倍首相は「かつて法相に任命した者としてその責任を痛感している。国民にお詫び申し上げる」と述べました。

以下、時事通信社の記事を引用いたします。

 河井克行前法相=自民離党=と妻の案里参院議員=同=の公選法違反容疑(買収)での逮捕について、安倍晋三首相は18日の記者会見で、「かつて法相に任命した者としてその責任を痛感している。国民におわび申し上げる」と陳謝した。しかし、法務行政の元トップによる事件は衝撃で、野党の追及は必至。首相への打撃は大きく、政権運営への影響は不可避だ。

克行前法相は首相や菅義偉官房長官と近く、案里議員が当選した昨年7月の参院選では首相も菅氏も広島入りし、てこ入れした。首相は事件について「全ての国会議員が襟を正さなければならない」などと一般論を述べたが、詳細に関しては「個別の事件に関すること」と深入りを避けた。

17日閉幕した通常国会では、新型コロナウイルス対策をめぐる迷走や、前東京高検幹事長の賭けマージャン辞職などが相次ぎ、内閣支持率は低下。「安倍1強」体制は大きく揺らいだ。

「政治とカネ」の問題では、昨年12月にカジノを含む統合型リゾート(IR)汚職事件で秋元司被告=自民離党=が逮捕された。今回の河井夫妻により安倍政権下で3人の現職国会議員が逮捕される異例の事態となった(時事通信社 2020年6月18日)。

私たちは有権者です。

みなさんはどのように感じますか?

首相が「国民におわび申し上げる」と陳謝したことはわかりました。

重要なのはこの先です。

本当におわびをしているならば、反省があるはずです。

反省をされているのであるならば、問題点を明確にして改善しようとするはずです。

国民はそれを求めています。

しかし、申し訳ないのですが、それがなかなか見えないのです。

だから、おわびの言葉でさえも非常に空虚なものに感じられてしまうのではないでしょうか。

任命責任をどのように果たしているのか

安倍首相は自ら任命責任があると言われています。

この言葉には既視感があります。

これまでも同じ言葉を何度も聞かされてきたからです。

しかし、何も変わっていないように見えてしまいます。

大切なのは、その責任をどのように取るのかということです。

2度と同じことを繰り返さないために、改善策が施されたでしょうか?

例えば「カネの流れを見えるようにする」という方針を示し徹底させることをしてくれればわかりやすいです。

しかし、具体的な改善策はこれまで何一つ出ていないように見えます。

PDCAサイクルが回っていないのです。

だから同じような失敗が繰り返されているように見えます。

これは言葉に重みをなくしてしまうことにもなりかねません。

本当に素朴な疑問がでてきます。自分のことしか考えていないように見えてしまいます

国会議員の先生方は私たち国民に選ばれた人たちです。

国民の代表です。

しかし、もし「自分のことしか考えていない」ような行動をする方がいたら、直ちに議員辞職するべきでしょう。

それは私たち国民を裏切ることになります。

言うまでもなく税金は私たちの汗と涙の結晶です。

これは大げさではありません。

その税金を自分のために使うようなことがあったとしたら断固許されません。

この度の公職選挙法違反の疑いも然りです。

カネの流れを明らかにしていただきたいと願っております。

それらのカネは誰が決裁を出して、どこから来て、何のために使われたのでしょうか?

私たちは税金の使途を知る権利があると思います。

不自然な部分を是正して欲しい

大変申し訳ないのですが、現政権が「正常」だと見るのには大変勇気が必要です。

決算文書が改ざんされるような事件が起きても誰も罪に問われません。

また、証拠となる大切な書類がシュレッダーにかけられ、議事録は残されないことがまかり通ってしまう政権です。

明らかに不自然です。

安倍首相には、森友学園、加計学園、桜を見る会等の疑惑があります。

証拠を示せば終わるのに、それをしないこともとても不自然です。

また、布マスクも、持続化給付金も、家賃支援給付金も、莫大な事業費が計上されています。

国民にとっては違和感ばかりです。

白を黒とするような説明では国民は納得できません。

シンプルに「正しいか正しくないか、自然か不自然か」で判断して欲しいと思います。

何卒、お願いいたします。

美しい国のために。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください