ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

レジ袋が7月1日から有料化・・・プラスチックの過剰な使用を抑制するため

  1. 社会(政治・経済等)が企業や私たちにどんな影響を与えるか

環境汚染をおさえるため

レジ袋が7月1日から有料化されます。

その目的はレジ袋に使われるプラスチックによる地球規模の環境汚染をおさえるためだそうです。

環境省のHPには次のように記されています。

プラスチックは、非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。

このような状況を踏まえ、令和2年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋の有料化を行うこととなりました。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

みなさんはどのような感想を持ちますか?

賛否両論あることでしょう。

私たち一人一人が考えるべきだと思います。

各社で対応に違い

レジ袋の有料化について、各社で対応の違いがあります。

日本テレビのニュースによりますと、コンビニ大手3社(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート)は、7月から1枚3円に統一するようです。

スーパーのイトーヨーカドーは、サイズによって価格が異なり3円と5円となります。

イオンは、サイズごとに価格が異なり、2円、3円、5円となります。

紙袋はイトーヨーカドーもイオンも10円となります。

なお、ファーストフードは無料のままのようです。

マクドナルドは5年前からバイオマス素材を配合した地球にやさしいレジ袋を使っているようです。

ちなみに、環境省のHPによりますと、有料化の対象外となる袋は次の通りです。

1プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
繰り返し使用が可能であることから、プラスチック製買物袋の過剰な使用抑制に寄与するためです
2海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
微生物によって海洋で分解されるプラスチック製買物袋は、海洋プラスチックごみ問題対策に寄与するためです
3バイオマス素材の配合率が25%以上のもの
植物由来がCO2総量を変えない素材であり、地球温暖化対策に寄与するためです

衛生面では?

買い物袋の有料化に伴い、エコバッグを使う方も増えるかもしれません。

気になるのは衛生面です。

新型コロナウイルスの感染対策のためには、エコバッグをまめに拭くことが必要になりそうです。

日本テレビのニュースでは、布製バッグで1日、プラスチック製では4日間ほどウイルスが付着している可能性があるということでした。

代替品となる袋に変えることが必要です

冒頭の話しに戻りますが、私自身、この政策が素晴らしいとは完全に思えていません(申し訳ございません。)。

その理由は、プラスチックの過剰な使用を抑制することとレジ袋の「有料化」が完全に繋がっていないからです。

レジ袋の有料を嫌う人たちが増えれば確かにプラスチックの使用を抑制することになるでしょう。

例え少しずつでも実行した方がいいことも理解しています。

しかし、プラスチックの過剰な使用を抑制することを目的とするならば、いち早くすべての袋を海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの等の代替品に変えることが必要だと思います。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声