ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

東京都・・・警戒を呼びかけたり休業を要請したりする基準の数値は設けない方針

  1. 人と会社・企業

今後「東京アラート」は出されません

東京都は新型コロナウイルスの新たなモニタリング項目について方針が決定しました。

今後、警戒を呼びかけたり休業を要請したりする基準の数値は設けない方針ということです。

これまで都では、新たに感染された方が1週間の平均で20人以上等では都民に警戒を呼びかける「東京アラート」を出すことになっていました。

さらに、1週間の平均が50人以上等になると再び休業を要請するという基準を設けていました。

しかし、今後はこうした基準となる数値は設けない方針です。

したがって、今後「東京アラート」は出されません。

感染状況や医療体制を専門家に分析してもらい、都が評価して注意喚起するかどうかを判断する見通しです。

新型コロナウイルスの新たなモニタリング項目とは

今後は感染状況と医療体制を示す7つの項目を設けるようです。

それらについて、以下「NHK NEWS WEB」を引用いたします。

都は、今夜、新たなモニタリングの項目を公表し、1日以降、試行したうえで、本格的に実施することにしています。
新たなモニタリング項目は
東京都の関係者によりますと、見直しを進めている新たなモニタリング項目は合わせて7つになる見通しです。

これまでもモニタリングを行っていた、都内の「感染状況」と「医療体制」を分析するという、大きな2つの柱は見直し後も継続されますが、モニタリングする中身の一部を変更する方針です。

このうち「感染状況」のモニタリング項目は3つあります。

1.新たな感染者数
2.東京消防庁の電話相談窓口「#7119」に寄せられた発熱などの相談件数
3.新たな感染者のうち、感染経路がわからない人の数と増加比率です。

消防に寄せられた相談件数と、感染経路がわからない人の数と増加比率は、潜在的な感染の広がりや市中での感染を分析するため、今回、新たに設けられました。

一方、「医療体制」のモニタリング項目は
4.検査の陽性率
5.救急医療の「東京ルール」の適用件数
6.入院患者の数
7.重症患者の数の4つです。

このうち、「東京ルール」の適用件数は、複数の医療機関に救急患者の受け入れを要請したものの搬送先が見つからなかったり、搬送先を決めるのに時間がかかったりした件数です(NHK NEWS WEB 2020年6月30日)。

みなさんはどのような感想を持たれますか?

これまでの基準が変えられてしまう明確な目的がわからない

私は大きな疑問がひとつあります。

それは、今この段階でこれまでの基準が変えられてしまう明確な目的がわからないことです。

なぜ変える必要があるのでしょうか?

私の理解不足なのかもしれませんが、どうも腑に落ちません。

今日(30日)も東京では54人の方が新型コロナウィルスに感染されました。

このような状況が1週間続いたことになります。

これまでの基準で考えれば、東京アラートの基準(新たに感染された方が1週間の平均で20人以上)を大きく超えているばかりか、休業要請の基準である1週間の平均で50人以上にも達していることになります。

ところが、政府も東京都も明確な動きはありませんでした。

それがとても不思議だったのです。

第2波に備えているようには見えなかったのです。

感染者数が増えていくことを見越しているのか

新たな基準については、これまでのハードルが上がったかのようなイメージです。

私たちは1週間平均して50人以上の新たに感染された方がいる状況に慣れる必要があるのでしょうか?

勝手な推測ですが、新たな基準になったことは感染者数が増えることを見越してのことなのかもしれません。

私は夜の街が特別に感染リスクが高いとは思えません。

昼の街でもそれ以上に感染のリスクは高いと思っています。

そういった数字がそろそろ出てきているのではないでしょうか。

同じように考えた方も少なくないと思います。

残念ながら、現時点において感染が終息の方向に向かっているような情報は見当たりません。

もしかしたら、近日中に新たに感染された方の数がもっと増えてしまうかもしれません。

そのことを想定することが今は必要なのかもしれません。

自粛と経済活動(仕事)の繰り返しがしばらく続くことも想定する必要があると思います(だからこそこれまでの基準も大事だと思うのですが)。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください