ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

久保建英選手がレバンテ戦でゴールし勝利に貢献・・・活躍に勇気づけられます

  1. スポーツ

相手が強豪チームであっても見事な活躍ぶり

サッカースペインリーグ、レアルマドリードからマジョルカにレンタル移籍している久保建英選手が大活躍中です。

今朝のレバンテ戦でも1点を決め、勝利に貢献しました。

久保建英選手の活躍にとても勇気づけられます。

新型コロナウイルスによって中断していたスペインリーグが再開された後、久保建英選手は「覚醒」したかのような活躍を見せています。

レアル戦でも、バルセロナ戦でも、相手が強豪チームであっても久保建英選手は見事な活躍を見せました。

特に目立っているのがドリブルでの突破です。

細かく柔らかいボールタッチは、メッシ選手のようだと例えられます。

これまでの日本人選手の常識を覆すものと言っていいでしょう。

活躍の背景にあるものとは

しかし、それは個人的な能力が格段に向上した訳ではないと思います。

元々、とてつもない才能を持っている選手です。

その背景にあるのは、まわりの選手からの信頼が得られたことやいい関係が築けていることがいちばんでしょう。

無論、コロナで試合ができなかった期間も、本人の努力は並大抵のものではなかったことでしょう。

それらを含めて久保建英の高い能力がまわりの選手達によってより大きなものとして引き出されていると思います。

いくら優秀な選手でもボールが来なければ活躍できません。

いい選手が味方選手にいくらいいパスを出しても、その選手が決めてくれなくては試合には勝てません。

今の久保建英選手とチームにはこれらの問題点が大きく改善されたことがわかります。

今、マジョルカは、「降格を回避したい」という共通目的があり、チームメイトが貢献意欲にあふれ、コミュニケーションが図れるようになってきたように見えます。

ようやくチームとして機能しはじめた感じがします。

このようなことが会社でも仕事でもよくあります

これは、私たちの日常でも似たようなことが言えます。

いくら一人ががんばってもいい会社はつくれません。

社員さんが「いい会社をつくりたい」という共通の目的を持ち、貢献意欲にあふれ、コミュニケーションを図りながらすすめていかない限り、難しいのです。

また、サッカーは一人でやるスポーツではないのと同じように、仕事も一人でやれるものではありません。

仕事は必ず人に提供されますが、その人に喜んでもらうためには、まわりのサポートが不可欠です。

どんなに優れた能力を持っている人でも、まわりのサポートや信頼がなければ本来のポテンシャルが発揮されないことがあるのです。

いい仕事をして人に喜ばれたとき、つらいと思っていたことが大きなやりがいに変わります。

仕事が楽しくなってきます。

久保建英選手の特徴は、見ていて楽しいこと

久保選手のサッカーの特徴は、見ていて楽しいというものです。

才能に恵まれていることは誰もが認めるところでありながらも、ここまで順風満帆で来たわけではありませんでした。

それがより久保選手のサッカーを「楽しいもの」にしているのかもしれません。

これぞ、サッカーだと思います。

さて、次戦は来週月曜日のセビージャ戦です。

チームとしては厳しい闘いが続きますが、久保建英選手はコンディションが良ければきっと活躍することでしょう。

問題は蓄積しているであろう疲労です。

そして、何よりもケガにだけは注意して欲しいと願っております。

それらの問題がなければ、久保選手はマジョルカを残留させることができるでしょう。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください