ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

7月15日は28の都道府県で454人の方が感染・・・新型コロナウイルス

  1. 人と会社・企業

東京では165人・・・水曜日としては最多

本日、我が国では454人の方が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになりました。

28の都道府県に及んでいます。

緊急事態宣言を解除した後では最も多い人数となりました。

また、東京都では1人亡くなった方がいたそうです。

心より哀悼の意を表します。

東京では本日、165人の方が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになりました。

水曜日の数値としては最も多いということです。

先週は、木曜日から4日連続で200人以上の感染者が確認されました。

明日木曜日の状況も気になります。

これらを受けて、東京都は今日の午後、現在の感染状況を4段階のなかでもっとも深刻な「感染が拡大していると思われる」に引き上げました。

また、大阪府で61人の方の感染が確認されたことも気になります。

また、それらのうち40人の方の感染経路が不明のようです。。

神奈川県内では43人、北海道では13人の方の感染が確認されました。

以下、情報源として読売新聞オンラインを引用いたします。

国内では15日、28都道府県と空港検疫で計454人の新たな感染者が確認され、緊急事態宣言解除後で最多となった。累計は2万3032人。東京都で1人が死亡した。

大阪府では61人の感染が確認された。1日あたりの感染者が60人を超えるのは、84人の感染が確認された4月20日以来。約65%にあたる40人の感染経路がわかっていない。

神奈川県内では43人の感染が判明した。県は13日に陽性と発表した女性1人が、陰性だったと修正した。

北海道では新たに13人を確認。札幌市の感染者12人のうち11人は繁華街・ススキノの接待を伴う飲食店で働く従業員と客で、市はクラスター(感染集団)が発生したと認定した(読売新聞オンライン 2020年7月15日)。

アクセルとブレーキを一緒に踏んでいるようなもの

東京都では現在の感染状況を4段階のなかでもっとも深刻な「感染が拡大していると思われる」に引き上げました。

それでも、政府は来週の水曜日からの「Go To キャンペーン」は延期や変更されずに実施されるようです。

これは明らかに矛盾していることです。

これは、多くの方が言っていますが、車の運転で例えればアクセルとブレーキを一緒に踏むようなものです。

新型コロナウイルスと経済活動は両立させることが非常に難しいと思います。

昨日の記事でも書きましたが、アクセルとプレーキを交互に踏むことが最も大切だと思います。

なおかつ、メリハリをつけて踏むことが必要であると考えます。

では、今はどのような状況であるべきでしょうか?

ブレーキを踏む段階であることは明らかです。

それでもアクセルを踏み続けろと言うならば

それでも経済活動は進めなければならないという方もいると思います。

アクセルを踏み続けろという人もいると思います。

政府でも経済界でもそういった方がいます。

そういう方は、重傷者が少ないことを根拠のひとつにあげています。

ならば、堂々と安全宣言を出せばいいと思います。

しかし、それは出せない状況であることはいくら何でもわかっていると思います。

重傷者が少ないのは、ここまで懸命に治療をしてきた現場の医療関係者のおかげで現在は少なくなったのです。

新型コロナウイルスの毒性が弱まった訳でもありません。

そして、いつ、牙をむくかわかりません。

もし「Go To キャンペーン」を進めた結果、誰かの命が失われたとしたらどうしますか?

政府や経済団体はその責任を絶対に取るべきです。

また、その誰かが自分にとって大切な人だとしたらどうしますか?

さらに、もし自分だとしたらどうしますか?

当事者意識で考えてみましょう。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声