ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

Go To トラベルが実施された今日、全国で794人の方が新型コロナウイルスに感染。過去最多

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

1日あたりの感染者数で過去最多

今日(7月22日)、全国で794人の方が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

1日あたりの感染者数で過去最多となりました。

「Go To トラベル」キャンペーンが実施される今日という日に、過去最多の感染者数が確認されたことは何とも残念なことです。

以下の府県は1日あたりの感染者数で過去最多となりました。

大阪府121人
愛知県64人
埼玉県62人
福岡県61人
奈良県8人(過去最多に並ぶ)

以下の県は緊急事態宣言の解除後最も多い人数となっています。

神奈川県68人
千葉県40人
兵庫県30人
滋賀県11人

以下、情報源として毎日新聞の記事を引用いたします。

新型コロナウイルスの感染者は22日、全国で新たに794人が確認され、毎日新聞のまとめでこれまでに1日当たり最も多かった694人(4月11日)を100人上回った。大阪府で121人となって過去最多を更新するなど都市部を中心に増加が目立っている。クルーズ船の乗客乗員らを合わせた国内の感染者は計2万7927人に。死者は愛知県で1人確認され、計1003人となった。

国が進める旅行需要喚起策「Go Toトラベル」事業が始まった22日に過去最多の感染が確認される事態となった。

国内では1月に初めて感染が確認され、7都府県に緊急事態宣言が出された4月7日の4日後に最多の694人の感染が確認されていた。その後はいったん減少して5月中旬から6月下旬には2桁台となる日が続いた。しかし、今月は増加傾向が続き、9日には約2カ月ぶり(5月2日以来)に300人を超えていた。

22日は大阪府のほかにも愛知県64人、埼玉県62人、福岡県61人でそれぞれ1日当たりの過去最多を更新した。奈良県は8人で過去最多に並んだ。神奈川68人▽千葉40人▽兵庫30人▽滋賀11人――の各県も緊急事態宣言の解除後としてはそれぞれ最多となっている(毎日新聞 2020年7月22日)。

緊急事態宣言が出された4月を振り返る

4月に感染拡大した時のことを振り返ってみましょう。

感染が拡大したことで緊急事態宣言が7日に出されました。

外出自粛が呼びかけられました。

政府は様々な対策を講じました。

その後に大型連休が訪れましたが、ちょうど自粛期間と重なったことが功を奏したような気がします。

会社に行かなくていい日が増えれば、感染のリスクは減るからです。

明日から4連休です。

これは感染拡大を防ぐチャンスでもあります。

しかし、自宅で自粛しようとする人は4月の時よりも大分少ないのではないかと思います。

「Go To トラベル」キャンペーンと4連休

非常に難しい4連休となります。

4連休はどこかに遊びに行きたいという人も少なくないでしょう。

しかし、会社に行かなくていいこの期間に自粛を徹底すれば、1ヶ月後には感染が縮小すると思います。

実際に自宅で過ごそうとする方もまた少なくないでしょう。

とても大切な4日間になるでしょう。

ある意味、運命を決める4日間と言えるのではないでしょうか。

「Go To トラベル」キャンペーンが始まったことで、県を跨ぐ移動をする人も増えることでしょう。

これにより、感染が拡大することが懸念されています。

しかし、もし感染してしまったとしても、その人を責めることはできません。

感染が拡大してしまったとしても、人を責めることはしてはいけないと思います。
(もちろん、迷惑行動をする人は別です。)

自分もいつどこで感染するかわかりません。

また、誰かにうつしてしまうかもしれません。

そのような気持ちで行動することが大切だと思います。

非常に難しい4日間ですが、私たちは考えて行動することが求められます。

どうかみなさんも感染に十分注意して過ごしてください。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声