ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

7月29日、新型コロナウイルスに感染された方が1260名(37都道府県)

  1. 人と会社・企業

1日の感染者数がはじめて1000人を超える

本日(7月29日)、我が国では新型コロナウイルスに感染された方が1260名を数えました。

1日の感染者数がはじめて1000人を超えました。

その内訳は、東京都が250人、大阪府が221人、愛知県が167人、福岡県が101人、沖縄県が44人、岐阜県が30人、三重県が10人などで、東京以外はいずれも過去最多の人数だそうです。

また、本日亡くなられた方が埼玉、東京、神奈川のそれぞれで1人ずつ確認されたそうです。

心より哀悼の意を表します。

以下、情報源として時事通信社の記事を引用いたします。

国内では29日、新たに1260人の新型コロナウイルス感染者が確認された。

1日当たりの感染者が1000人を超すのは初めてで、過去最多だった28日の981人を280人近く上回った。岩手県で初の陽性が2人判明し、感染者がいない都道府県はゼロとなった。

東京都では250人の陽性が判明した。1日当たりの感染者が100人を超えるのは21日連続。20~30代が160人と約6割を占めた。

大阪府では過去最多の221人となり、初めて200人を超えた。30代以下が7割弱を占め、吉村洋文知事は「若い人の(行動自粛への)協力をお願いしたい」と述べた。

岩手県によると、感染したのは盛岡市の40代男性と宮古市の30代男性。盛岡の男性は22~26日に関東地方のキャンプ場に滞在した。同じテントで宿泊した友人3人のうち1人の感染が分かり、PCR検査を受けた。

感染者が確認されたのは37都道府県。愛知県で167人、福岡県で101人、沖縄県44人、岐阜県30人、三重県10人の感染が分かり、いずれも過去最多を更新した(時事通信社 2020年7月29日)。

岩手県で感染された方が確認されたことについて、どうか過剰な報道はしないで欲しいです

岩手県で初の感染者が確認されたということですが、私は騒ぐべきではないと思います。

メディアの皆様には、どうか過剰な報道は謹んで欲しいと思います。

もちろん、感染された方のことを責めてはいけません。

誰も責めることはできないのです。

なぜなら、私たちはいつどこで感染してもおかしくない状況だからです。

そのような状況の中で、政府は「Go To キャンペーン」を推し進めました。

もし、県を跨いで移動した結果、新型コロナウイルスに感染してしまった方々がいたとしても、私たちは絶対に責めてはいけないと思います。

責任を問われるのは、このような状況で「Go To キャンペーン」を推し進めた政府であることは明らかです。

反対に、もし政府が県を跨ぐ移動の自粛を国民に要請していたら、岩手県のこの方の感染も防ぐことができたでしょう。

政府は、アクセルとブレーキを一緒に踏むような施策を推し進めようとしていますが、未だ世界のどの国も達成したことがないやり方を進めていることに大きな疑問を持つべきです。

岩手県でも検査をより増やしていきましょう

私は敢えて申し上げますが、全国で感染拡大の傾向にある中で、岩手県で感染者が確認されるのは時間の問題だったかもしれないと思っています。

理由はシンプルです。

感染者がこれまで0だった明確な要因(科学的な根拠)が(私には)わからなかったからです。

もちろん、岩手県民のみなさんの努力はとても大きいものがあったことは想像に難しくありません(どうか誤解ないようお願いいたします)。

それでも、他の都道府県と比べて、何か圧倒的に異なる要素があったようには私には見えなかったのです。

岩手県は、北側には青森県、西側は秋田県、南側は宮城県に接しています。

それぞれがとても素晴らしい県ですが、岩手県だけがまわりの県と大きく異なる要素があるように私は感じられなかったのです。

東北新幹線の盛岡駅では多くの方が乗り降りします。

これまで感染者が0だったのは奇跡に近いものだったかもしれません。

それは素晴らしい実績だったと思いますがここで1度リセットして、検査を積極的に受けられるようにして欲しいと願ってます。

未だ他の地方では「検査を受けたくても受けさせてもらえない」という話しをうかがいます。

そのようなことがないようにお願いいたします。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声