ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

8月1日・・・新型コロナウイルスに感染された方は全国で1535人(昨日が1579人)

  1. 人と会社・企業

2日連続で1日の感染者が1500人を超えました

毎日新聞によりますと、今日(8月1日)に新型コロナウイルスに感染された方は、全国で1535人が確認されたということです。

2日連続で1日の感染者が1500人を超えました(昨日は過去最多の1579人となりました)。

また、今日は新たに亡くなった方が確認されなかったということでとても良かったと思います。

心配なのは東京都が3日連続で過去最多を更新している点です(今日は472人の感染が明らかになりました)。

また、重症者は15人ということでした(前日より1人減りました)。

なお、他の地域でも過去最多の感染者数が確認され、埼玉県が74人、千葉県が73人、奈良県が19人、長崎県が15人となりました。

政府が「敢えて何もしないように見える」ことと「Go To キャンペーンを進める」理由がわからない

感染が拡大しているのに、なぜ政府は「何もしない」のでしょうか?

そんなことは決してないのでしょうけれど、私からは何もしていないように見えてしまっています。

そのように見えてしまっているのは私だけではないと思います。

なぜ、国会を開かないのでしょうか?

10兆円の予備費はどうなっているのでしょうか?

積極的な対策を取っているように見えないことが不思議で仕方ありません。

申し訳ないのですが安倍首相は、自ら進んで国民にメッセージを発していないように見えてしまいます。

また、「Go To キャンペーン」は依然として実施されています。

これも不思議に思っている方はとても多いと思います。

どう考えても感染拡大を手助けしているようなものだからです。

7月22日からはじまったこのキャンペーンが今の感染者の数と関係がないとどうして言えるでしょうか?

反対に、これだけ全国で感染拡大が認められる最も大きな要因のひとつとして疑われても仕方ないと思います。

つい、浅はかな想像をしてしまうのですが、「政府は集団免疫を狙っているのでしょうか?」とすら思えてしまうほどです(あくまでも想像ですので注意してください)。

決してそんなことはないのでしょうけれど、「敢えて何もしないように見える」ことと「Go To キャンペーンを進める」理由がわからないのです。

いずれにしても国民が不安になることばかりです。

自分で考えるしかないけれど、それができない人も現実的に多い

新型コロナへの対応は「自分で考えるしかない」というのが結論なのかもしれません。

自分で考えることはとても大切です。

しかし、それはなかなか難しいことです。

自分で考えることが習慣になっている人ならばいいですが、そうでない方も多いと思います。

だから、すべての国民を助けるために政府の支援が必要なのです。

これまでも申し上げておりますが、アクセルとブレーキを一緒に踏むような今のやり方は、多くの国民が混乱します。

それを器用に踏み分けられる人は多くないと思います。

政府の明らかな方針が必要となるのです。

ちなみに申し上げますが、集団免疫という戦略を取って成功したという国は現時点でただのひとつもありません。

例えば、スウェーデンはロックダウンをせず、「集団免疫戦略」を取っている国と言われていますが、高齢者を中心に多くの命が失われており、人口10万人あたりの死亡者数で見ると世界で第8位と高い順位にあるそうです(ニューズウィーク日本版 2020年7月31日)。

我が国は、それでいいはずがありません。

もし、経済活動のためなら多少の犠牲はやむを得ないという考えがあるとしたら、それは間違っています。

命があれば経済活動ができるのです。

命がなければそれはできないのです。

「1人でも多くの命を救うこと>経済活動」です。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声