ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

働き方の改革以前に組織風土の改善を・・・新型コロナの脅威がある今こそ大切です

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

いい会社としての組織風土があって、働き方改革の取組が機能していく

新型コロナウイルスの感染拡大によって、我が国ではテレワークをはじめとする場所や時間に囚われない新しい働き方が模索され実行されてきました。

真の意味での働き方改革が進んでいる会社もあることでしょう。

感染拡大を防ぎつつ、会社としての生産性を下げない働き方のためには、個人の取組以上に組織風土や社風の改善が不可欠です。

それは働き方改革以前に取り組まなければならないことだと言ってもいいかもしれません。

なぜなら、いい会社としての組織風土があって、働き方改革の取組が機能していくからです。

それをせずしていくら個人で働き方改革を進めても効果は半減します。

ぜひとも組織風土のチェックをし、改善を図っていきましょう。

組織風土を良くしていく上で重要な3つの要素

組織風土を良くしていく上で、重要な3つの要素があります。

共通目的と貢献意欲とコミュニケーションです。

これらは公式組織を成立させるものです。

いい会社をつくるためには、これらを高い次元で機能させることが不可欠です。

つまりいい会社では、共通目的が社員さんに浸透し、社員さんは会社の仲間に対してもお客様に対しても地域に対しても貢献意欲が強く、それらを実現するためのコミュニケーション(双方向の意思疎通)が自主的に図られているのです。

まずはこのことを抑えていただきたいと思います。

今日は経営理念や社是について以下、簡単に述べていきたいと思います。

共通目的の源となるものは会社の経営理念や社是

共通目的の源となるものは会社の経営理念や社是です。

みなさんの会社は、これらが形骸化していませんか?

いい会社では経営理念や社是が社員さんに浸透し、行動の指針となっています。

我が国を代表する会社を例に出せば、未来工業さんは「常に考える」です。

伊那食品工業さんは「いい会社をつくりましょう」です。

なお、それらは新型コロナウイルスがいくら感染拡大しようとも揺らぎません。

変わるものでもありません。

むしろ、その脅威を乗り越えるために、経営理念や社是がより重要になってきます。

そこでみなさんの会社でもぜひ以下の3点をチェックしていただきたいと思います。

〇みなさんの会社では新型コロナウイルスに対応するために経営理念や社是が役に立ったでしょうか?

〇或いはリーダーが率先して行動したでしょうか?

〇さらに、社員さんがこれに基づいて行動したでしょうか?

経営理念や社是はこのような時こそ重要になってきます。

もしこれらのチェックで問題が明らかになったのならばチャンスです。

ぜひとも、これまでの取組を見直し、問題点を見つけて改善を図っていきましょう。

経営理念や社是を浸透させるのは容易ではないですが

経営理念や社是を社員さんに浸透させることは容易ではありません。

容易ではありませんが、十分可能なことです。

そもそも、なぜ浸透しないのかを考えましょう。

その原因は極めてシンプルです。

大切なのは、トップリーダーがそれらを常に実践することです。

各部署のリーダーも然りです。

それをせずして経営理念や社是が社員さんに浸透している会社を私は見たことがありません。

また、人事考課を行うのならば、経営理念や社是に基づくことが鉄則です。

社員さんが経営理念や社是に基づいた行動をすることで、人(社内も協力会社もお客様も地域も)の役に立っていることが実感できるようにしていきましょう。

まとめですが、経営理念や社是が社員さんに浸透している会社では業績も高いです。

それは会社にとってかげがえのない「人財」が高いモチベーションを持ってこれらに基づいた行動をし、差別化を実現しているからです。

ぜひとも進めていきましょう。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声