ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

TBSドラマ「半沢直樹」第7話(2020年8月30日)・・・「見送ります」

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

業務改善命令が東京中央銀行に

今日はTBSドラマ「半沢直樹」の第7話が放送されました(池井戸潤先生原作)。

先週、東京中央銀行が金融庁から業務改善命令を受けました。

その様子はテレビ中継され、報道機関のおびただしいフラッシュの中で中野渡頭取が頭を下げる姿が映し出されました。

それを見た半沢と部下たちはつらい気持ちになったのでした。

しかし、何としてもタスクフォース案である「債権放棄」を銀行にさせようとする国土交通省大臣の白井はさらに圧力をかけ、スカイホープ航空の新規路線の認可も却下されてしまいました。

それによって、帝国航空は余剰人員の受け入れ先を失い、自力の再建計画が実現できなくなってしまいます。

さらに、開発投資銀行がスカイホープ航空への融資を見送るという判断が下されました。

それでも諦めない森山

東京セントラル証券でスカイホープ航空担当の森山は、その後も諦めずに融資先と帝国航空の余剰人員の受け入れ先を探すのでした。

最後まで諦めないという精神は半沢から学んだものです。

吉報が舞い込んでこようとした矢先、森山は階段から落ちてケガをしてしまいます。

半沢は森山を見舞いながら、森山が地道に努力をし続けている姿に感銘を受けるのでした。

しかも、森山の仕事とは直接関係のない帝国航空の余剰人員の受け入れ先を探していることも知るのです。

「仕事は感謝と恩返し」

半沢は覚悟を決めます。

役員会議

東京中央銀行の役員会議で半沢は本来の債権放棄すべきではないという意見を主張します。

当初、取締役の大和田が債権放棄に賛成の立場を取りました。

しかし、半沢の真っ当な説明によって大和田は債権放棄するべきではないという案に変わります。

他の役員もそれに流されそうになりました。

そこで反対意見を述べたのは常務の紀本でした。

今、債権放棄しなければ世論が許さないとし、この決定に自分の銀行員生命をかけると力説したのです。

頭取もその覚悟を受けて、紀本の提案を飲みそうになります。

「お待ちください」と半沢がストップをかけました。

半沢は「帝国航空の主力銀行である開発投資銀行が債権放棄を見送った際には、東京中央銀行もそれに従うこと」を条件として加えて欲しいと頭取にお願いします。

それが受け入れられました。

裏切り者は紀本

東京中央銀行の情報が政府に筒抜けであることに半沢は疑念を持っていました。

大和田にそのことを話し協力を求めます。

その後、大和田は曾根崎を料亭に誘い出し追い詰めます。

出向先を取引条件として交渉する術は大和田の十八番と言っていいでしょう(前作の近藤を思い出しました。今作も近藤に少しでも出て欲しいです)。

その結果、曽根崎に指示を出していたのは紀本だと明らかになりました。

※半沢が大和田に協力を求めるシーンや料亭のシーンは前作にはないコミカルさがありましたね。

鉄の女の苦悩

債権放棄をするか否かの回答期限である「タスクフォース合同報告会」が迫ってきました。

半沢は開発投資銀行の谷川の元を訪れ、本当に債権放棄でいいのかどうかを問います。

「貸すも親切、貸さぬも親切」

谷川は自分の父親が半沢と同じ言葉を言っていたことを告げます。

そして、森山が半沢によって変わったように、自分も半沢の影響を受けたことを告げます。

しかし、開発投資銀行は政府系金融機関です。

政府に逆らうことができない苦悩を半沢にぶつけます。

半沢は谷川の父親は立派なバンカーだったと告げます。

タスクフォース合同報告会でバンカー達の倍返し

「タスクフォース合同報告会」が開催されました。

ここで銀行は帝国航空への債権放棄をするか否か発表することになっています。

主力銀行の開発投資銀行は開始の時間になっても現れませんでした。

乃原の指示で、帝国航空への融資額が少ない銀行からの発表となりました。

いちばんはじめの大東京銀行は、なんと「主力及び準主力銀行の判断に従う」という旨の発表をしたのです。

タスクフォースの乃原が憤慨します。

半沢は「よくいった」と満足そうな表情を浮かべます。

すると、次の銀行も、その次の銀行も同じ回答を示したのです。

この場にいるすべてのバンカーが債権放棄をするべきではないと思っていながら、体制に従わなければならないというジレンマを抱えていたのです。

しかし、この場でその発言をすることは大変な勇気が必要となるはずです。

バンカーとしてのプライドがそこにありました。

いよいよ東京中央銀行の番です。

半沢ははっきりと債権放棄を「拒絶する」と発表しました。

乃原が怒り狂います。

その瞬間、開発投資銀行の谷川らが「遅れてすみません」と入ってきます。

乃原が発表を急がせます。

谷川は債権放棄を「見送ります」と発表しました。

乃原も白井も我を失います。

谷川の判断の背景には、閣議決定によって開発投資銀行の民営化が決定したことがありました。

これによって開発投資銀行は政府の呪縛から逃れることができるわけです。

閣議決定は全閣僚が合意して政府の方針を決定する手続きです。

その閣議決定には白井大臣も参加しています。

白井大臣に見事にブーメランが刺さったわけです。

困難が予想された開発投資銀行内の意見をとりまとめた谷川を半沢は「さすがだ」と褒め称えます。

白井も乃原もメディアの前で大恥をかきました。

バンカー達による倍返しが見事に決まりました。

いよいよ・・・

来週は箕部がいよいよ動き出します。

また、待ちに待った富岡が登場するようです。

銀翼のイカロスの最も重要なキーマンと言ってもいいでしょう。

とても楽しみです。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声