ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

TBSドラマ「半沢直樹」第8話(2020年9月13日)・・・「どうなんだー」

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

あっという間の1時間

TBSドラマ日曜劇場「半沢直樹」の第8話が放送されました(原作は池井戸潤先生)。

今回もあっという間に時間が過ぎていきました。

第7話ではタスクフォースが示した帝国航空への債権放棄に銀行団が反対しました。

しかし、政府は何としても債権放棄を認めさせようとします(第8話はそこからスタートします)。

政府と繋がっている紀本も同じでした。

役員会で大和田は紀本を追い落とそうとしますが、逆に紀本に「政府が中野渡頭取を証人喚問させていいのか」ということをちらつかせられ、押し切れませんでした。

政府はその後銀行団の決定を無視するかのように債権放棄を前提とした計画書を出してきます。

さらに赤字路線の伊勢志摩路線が廃止どころか復活していたのです。

伊勢志摩は幹事長である箕部のお膝元です。

半沢はすべてのカギを握っているのは箕部であると確信します。

また、黒崎から箕部が東京中央銀行と昔から関わりがあるというヒントをもらいました。

半沢と大和田が3度目の共闘

半沢たちは箕部の過去の融資状況を調査しました。

すると合併前の時代に融資されていたことが明らかになりました。

しかし、明細は機密扱いになっており、役員の承認が必要でした。

半沢は大和田に箕部の合併前の融資の状況について、明細の承認を得ようとします。

今の大和田は紀本を追い落とすことができない状況に苛立っています。

そのためなら半沢の手も借りたいと、大和田は半沢に協力を求めます。

半沢は東京中央銀行のためにといい、大和田と握手をします。

しかしガッチリとした握手ではなく、すぐに離れて本題に入っていったようなシーンでした。

箕部は東京中央銀行から20億円もの融資を受けていた形跡がありました。

半沢たちは内容をさらに詳しく調査しようとします。

しかし、肝心のクレジットファイルがどこにも見つからなかったのです。

旧Tの不正融資と副頭取

小料理屋の女将智美は元東京中央銀行の行員で中野渡頭取の部下だったことが明らかになりました。

しかも、牧野副頭取の秘書だったのです。

ある日、智美が書類を届けにホテルに行くと、バスタブで自ら命を絶った牧野副頭取を発見したのでした。

9月6日の命日は牧野副頭取を偲び、部下だった旧東京第一銀行の面々が墓前に集まる日でもありました。

遠くで手を合わせる1人の女性。

それは智美でした。

半沢と渡真利は智美に声をかけ、何があったのか事情を詳しく聞きます。

智美は牧野副頭取は不正をする人ではないと言います。

富岡登場

半沢らは箕部が融資を受けた当時の担当だった灰谷にヒアリングします。

灰谷は昔のことだからと知らぬ存ぜぬを決め込みました。

半沢はその足で検査部に寄り道します。

そこには半沢の新人時代の教育係だった富岡部長代理がいるのです。

富岡は「出向待ちが集まるといわれている」検査部で10年もいる訳ですが、半沢が一目置く一流のバンカーです。

半沢の話を聞いた富岡はすぐに怪しいと疑いを持ちます。

半沢達はクレジットファイルのありかを探そうと画策します。

タブレットを手にした半沢の福山がピンチを救う

灰谷は紀本に、半沢が箕部の融資についてヒアリングにきたことを報告しました。

さらに、半沢達が今検査部にいることを伝えた時、紀本の表情が変わります。

紀本は検査部に直々に足を運び、半沢達の動きを抑えようとします。

その場を救ったのは、なんと、前作で伊勢島ホテルの担当を争った福山でした(タブレット福山の登場はうれしかったですね。次長ではなくなっていたようですが・・・。)。

福山はタブレットを手に半沢達が検査部に寄ったのは「伊勢島ホテルの検査のためだ」と助け船を出すのです。

前作では半沢に見事に倍返しを食らった福山でしたが、今回は危機一髪の半沢を助ける役目を果たしました。

福山は大和田が手を回したのでした(前作でも福山は大和田の息のかかる部下でした。)。

紀本と大和田の取引?

しかし、その後、福山は紀本に捕まります。

牧野副頭取のことをいろいろと調べていたことについて、紀本は誰の指示で行っているのか問い詰めます。

福山は大和田であることを白状します。

大和田は紀本に呼ばれ、事情を聞かれます。

大和田は「自分を常務に推薦して欲しい」と取引を持ちかけます。

紀本はそれに乗ります。

すると大和田は、牧野副頭取の遺書には箕部のクレジットファイルのありかについてヒントが書いてあると半沢が言っていたと紀本に伝えます。

そこにいたのは半沢

早速、紀本は智美の小料理屋をたずね、遺書を見せて欲しいと頼みます。

智美は「そちらの部屋にあります」と言います。

紀本がその部屋のふすまをあけると、そこにいたのはなんと半沢でした(福山が紀本につかまってからここまで半沢達のトラップです。それにより見事に箕部のクレジットファイルを手に入れるのです。)。

半沢が紀本を追い込もうとします。

その時、紀本に電話がかかってきました。

半沢は大和田と共に箕部幹事長の下に呼ばれたのです。

どうなんだー

箕部は半沢と大和田に一連の融資は何ら問題がないことを説明します。

さらに箕部は東京中央銀行に業務停止命令を出すことまでほのめかします。

大和田はすぐに箕部に頭を下げてしまいました。

箕部は半沢に「どうなんだー」と声を荒げます(演じられている柄本明さんの変化は見事でしたね)。

さらに、箕部は牧野副頭取が融資先からリターンを受け取っていた明細を示します。

これにはさすがの半沢も頭を下げざるを得ない状況でした。

その後、大和田は諦めた方がいいのではないかと半沢に言います。

そして、半沢は黒崎が異動することを聞きます。

最大のヒントをくれた黒崎

半沢はすぐに黒崎の元へ駆けつけます。

実は黒崎も箕部を追っていたのでした。

箕部が不正を行っている疑いがあったからです。

それ以前に、いくら政治家とはいえ、箕部にいいように使われていることに黒崎はいい気はしていませんでした。

黒崎も官僚としての仕事にプライドがあるのです。

しかし、箕部のことを嗅ぎ回っていたことが箕部の耳に入り、黒崎は異動になってしまいました(現実の世界でもこのようなことがありますが間違ってますね。これが横行すると部下が上司に忖度するようになり、不正も隠蔽されてしまいます。)。

「もう検査官ではなくなったから」と、黒崎は半沢にスルーパスを出しました。

半沢に託すかのように「伊勢志摩ステート」と言って去って行きます。

半沢は「黒崎検査官!」と呼び止め、頭を下げます。

今作の黒崎は半沢への愛が随所にみられてかなり笑えますが、この場面の黒崎はとても感動しましたし、格好良かったですね。

また、黒崎が金融庁を去る際の部下達の表情から、黒崎は部下達から恐れられながらも慕われてた上司であることもうかがわれました。

来週も楽しみです

来週は第9話です

半沢はどうなってしまうのでしょうか?

物語はいよいよクライマックスを迎えます。

とても楽しみです。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください