ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9

  10. 10

2020年春卒業の学生に対する採用内定取り消しが昨年の5倍に(8月末時点で174人)

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

新型コロナウイルス感染症拡大がここでも大きく影響

厚生労働省が2020年春卒業の学生(大学生、高校生)に対する採用内定取り消しについて、8月末時点で76事業所、174人と発表しました。

昨年の5倍ということです。

新型コロナウイルス感染症拡大がここでも大きく影響しているようです。

また、1210人の学生が入社時期の遅れや自宅待機となったそうです。

以下、情報源として共同通信の記事を引用いたします。

厚生労働省は15日、2020年春卒業の大学生や高校生への採用内定取り消しが、8月末時点で76事業所、174人だったと発表した。19年春卒を対象とした調査の約5倍で、新型コロナウイルス感染症拡大が大きく影響した。入社時期が遅れたり、自宅待機になったりした学生も1210人いた。全国のハローワークを通じて集計した。

内定取り消しは解雇に相当するため、客観的で合理的な理由がない場合は無効となる。3月ごろから内定取り消しが相次いだことを受け、厚労省はハローワークに相談窓口を設置するなど対策を講じている。

174人の内訳は大学生132人、高校生が42人(共同通信 2020年9月15日)。

これは新型コロナウイルス感染拡大だから仕方がないとしてはいけないことです。

私は内定が取り消されてしまった方々に伝えたいことがあります。

内定が取り消されてしまった方々に贈りたい言葉・・・間違いなくチャンス

内定取り消しの当事者になってしまった方は大きなショックを受けたことでしょう。

こんなことがあっていいのかと思われることでしょう。

こんなことがあっていいはずがありません。

その上で、私はみなさんに申し上げたいことがあります。

まず、この体験は非常に尊いものとなるでしょう。

決して無駄にはならないことを断言いたします。

間違いなくチャンスです。

私は何万人という働く人を見てきましたが、順風満帆な人よりも波瀾万丈の人の方が大きく実力を伸ばしていきます。

今回のことがきっかけで、仕事や働くということについて真剣に考える機会になったとしたら、もうそれはサクセスストーリーのスタートです。

人は困ったときに知恵を出すのです。

そして、あなたを必要としている会社は必ずあります。

こんな時だからこそ、あなたを大切にしようとする会社が確実にあるのです。

そういった会社を見つけてぜひ門を叩いて欲しいです。

会社の規模にとらわれなければ、案外すぐに見つかることでしょう。

仕事とは?

仕事というものを考えるいい機会ですから、次のことも抑えて欲しいです。

社会人として働くと、学歴は全く通用しなくなってきます。

どんなにいい大学を出ていても、仕事で役に立たなければ評価されないのです。

自分がいくら仕事ができるとアピールしても、それを評価するのは他人です。

決して仕事ができないことを他人のせいにしてはいけません。

ぜひとも、みなさんに備わる実力を常に発揮することができる理にかなった方法を身につけてください。

その方法ですが、「必ず仕事の目的を明確にすること」です(簡単そうに見えますが、難しいです)。

仕事は必ず「人」に提供されます。

「誰にこの仕事が提供されるのか」「その人にどういう仕事を提供すれば喜ぶのか」「どうすれば感動を与えられるか」を繰り返し考えることがとても重要です。

それがその仕事の目的になります。

相手の立場になって考えることがポイントです。

それが当事者意識になります。

その反対の言葉が「人ごと」です。

目的が明確になったら、次は段取りです。

段取りについてはまたの機会に述べたいと思います。

いい仕事を積み上げていくことで、あなたの評価は高まります。

ぜひとも前向きに!

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声