新型コロナウイルスに感染された方が2201人と過去最多・・・2020年11月18日

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

これまでの最多は今月14日の1737人

今日、全国で新たに新型コロナウイルスに感染された方の人数が2201人となり、過去最多となりました。

過去最多を記録した都道府県とその人数は、東京493人、神奈川226人、埼玉126人、静岡87人、長野30人です。

以下、情報源として読売新聞オンラインを引用いたします。

国内の新型コロナウイルスの感染者は18日、42都道府県と空港検疫で新たに2201人確認され、1日あたりの感染者数が初めて2000人を超えた。これまでの最多は今月14日の1737人だった。1日の感染者が493人で過去最多となった東京都は、19日にも都独自の警戒レベルを最高に引き上げる方針を決めた。

都道府県別では、東京、神奈川(226人)、埼玉(126人)、静岡(87人)、長野(30人)の5都県で過去最多を更新した。大阪府(273人)と兵庫県(103人)では過去2番目の多さとなった(読売新聞オンライン 2020年11月18日)。

こうなることは多くの方が予想していたと思います。

感染はさらに拡大するおそれがあります。

間もなく3連休です・・・政府と日本医師会で異なる見解

間もなく3連休です。

過去最多となる新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府と日本医師会で見解が異なることが明らかになりました。

加藤勝信官房長官は今日の会見で、今週の3連休を前に感染対策を呼び掛けることを述べましたが、県をまたぐ移動について自粛を要請する考えがないことも明らかにしました。

一方で、日本医師会の中川俊男会長は「我慢の3連休としてほしい」と述べ、移動の自粛を求めました。

以下、情報源としてロイター通信の記事を引用いたします。

加藤勝信官房長官は18日午後の会見で、新型コロナウイルスの感染者が増加している中で、11月21、22、23日の3連休を前に国民に対してしっかりとした感染対策を呼び掛けると述べた。ただ、一律に県をまたぐ移動について自粛を要請する考えはないことも明らかにした。

このところ新型コロナ感染者は増加傾向が鮮明となっており、東京都は18日に、1日としては過去最多の493人の新たな感染者を確認したと発表。共同通信などによると、日本医師会の中川俊男会長は同日の記者会見で「秋の我慢の3連休としてほしい」と述べるとともに、「移動を自粛してもらうことが大事だ。まん延を防ぐことができる」と指摘した(ロイター 2020年11月18日)。

自分の身は自分で守ります・・・第1波、第2波と異なる印象

第1波、第2波の時に過去最多となるという報道を受けたとき、私たちは自粛を最優先しました。

街中から人が一斉にいなくなりましたが、今回は今のところですがそこまでの強い動きを感じません。

理由をふたつ考えてみます。

ひとつは、新型コロナウイルスにいい意味でも悪い意味でも慣れたことがあるでしょう。

マスクやこまめな手洗い、うがいといった感染拡大を防ぐ行動が習慣になったことが大きいと思います。

ふたつめは、私たちは生きていくことを優先しなければならないということです。

自粛と、経済活動をすることは相反する行動です。

自粛しても政府からの支援が期待できなければ、多くの方が生活のための給料を得ることができなくなります。

私たちは生活をしていくために給料を得なければなりません。

感染拡大を最大限の注意で防ぎながら、仕事をするという選択をせざるを得ないのです。

しかし、今日よりもさらに感染が拡大すれば、それでも自粛しなければならない可能性は高くなります。

このデッドラインをどこにするか政府が示すべきですが、難しいのではないかと推察しています。

ならば、自分たちで考える必要があります。

責任を取らない政府にだけはならないでください

もし国から補償がこれ以上なければ、私たち国民は自分で考え、行動し、大げさかもしれませんが生き抜くことをしていかなければなりません。

その結果、国民が感染拡大を防ぐことができなかったとしても、それは国民の責任ではありません。

そこは力説したいところです。

ですから、政府に責任がない訳ではありません。

「国民のみなさんには自分で考えて行動してください。責任は政府が持ちます。」という形にするべきだと思います。

これは実はいい会社に共通するスタンスです。

さて、新型コロナウイルスはこれからますます感染拡大することでしょう。

私たちはさらに考えて行動しますが、何かあったときのことがとても不安です。

政府はその時に必ず国民に手を差し伸べるべきだと思います。

少なくとも希望が持てる世の中にしていかなければ・・・。

このコロナとの闘いも希望がなければ制することができないと思います。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください