今年は忘年会や新年会を「開催しない予定」の企業が約9割・・・東京商工リサーチ

  1. 人と会社・企業

今年の年末年始は忘年会・新年会がほとんどない

今日も新型コロナウイルスの感染された方の数が2,387人(データ参照:JX通信社/FASTALERT)となり、昨日に続き過去最多となりました。

例年ですと間もなく忘年会の季節に入りますが、今年はそのような雰囲気がありません。

東京商工リサーチによりますと、今年は忘年会や新年会を「開催しない予定」とする企業が約9割にのぼるそうです。

以下、東京商工リサーチの記事を引用いたします。

「新型コロナウイルス」感染拡大が全国に広がり、第三波が鮮明になる中、年末年始の恒例行事である忘年会や新年会を、今年は「開催しない予定」の企業が約9割にのぼることがわかった。
 政府は、感染防止の徹底を前提に「GoToイート」や「GoToトラベル」など、消費刺激策を継続しているが、企業は従業員の感染防止に細心の注意を払っているようだ。

 東京商工リサーチが実施したアンケート調査で、有効回答1万59社のうち、忘年会や新年会を「開催しない予定」と回答した企業は87.8%(8840社)だった。大企業が92.9%、中小企業が86.9%で、規模による差はあるが、9割近い企業がコロナ禍で慎重な年末年始を迎えそうだ。
 都道府県別でみると、「開催しない予定」は北海道で93.0%(589社中、548社)に達した。他の都府県より感染拡大が深刻で、自粛する企業が多かった。
 東京都は90.2%(2381社中、2150社)で、9割を超える企業が開催しない意向を示した(東京商工リサーチ 2020年11月19日)。

飲食店にとっても大変大きな脅威

飲食店にとって今年の年末年始は、かつてないほど厳しい状況になるおそれがあります。

忘年会等の大人数での飲食が避けられれば、売上は伸びません。

1年で最も稼げる時に、稼げなくなる訳です。

ここまで第1波、第2波と堪え忍んできたお店がいよいよ耐えきれなくなる状況が続出することが懸念されます。

また、それに伴いタクシーやカラオケ店も大変厳しい状況になることが予想されます。

どうか政府には速やかな資金の支援策をお願いいたします。

飲食店とお客様との協働が求められると思います

飲食店のみなさんにとって、政府や行政からの十分な補償が期待できないならば、自分たちでやっていくしかありません。

また、私もひとりの客という立場で申し上げれば、年末年始を1度も外に出ないように過ごすことは、気持ち的につらいものがあります。

それゆえ、これは私の勝手ですが、そういった状況の年末年始でありながらも、誰もが少しでも楽しい時間をおくれるようにできないものかと考えます。

お客様にとっても飲食店にとっても。

それは、飲食店とお客様が協働することで可能なものになっていくと思っています。

お客様にはこれまで以上に店頭での検温やマスクの正しい装着、アルコール消毒等の協力をお願いすることになるでしょう。

また、飲食している以外の場面ではマスクを装着するといった新たな協力をお願いすることもあるでしょう。

もちろん、「そうまでして外食したくない」という考えの方もいるのは承知の上です。

でも私は「そうまでしてでも友人らと楽しく過ごすことができないものか」と考えたいのです。

それによって少しでも飲食店が潤うならば、経済活動にも貢献できます。

政府や行政からの補償が不十分である以上は、こうしていかざるを得ないでしょう。

さて、飲食店のみなさんは、なるべく密にならないような席の配置と、注文時間が短縮するような工夫と、なるべく待たせない料理の提供が求められます。

席やトイレの清掃はこれまで以上にこまめに行う必要があります。

また、なるべく会話をしないようにすることも求められますので、そうすることがなくても、お店の食べ物や飲み物を楽しんでもらえるような工夫が求められます。

さらに、テイクアウト等のメニューの充実も再度必要になるでしょう。

昨年を振り返ると

昨年末は新型コロナウイルスの脅威がまだありませんでした。

それでも不況の波が確実に影響を与えていました。

私が住んでいる静岡の街中では、人が大変多かったと言える日は数えるほどでした。

今年はそれもなくなるかもしれません。

飲食店のみなさんにとっては本当に試練です。

気持ちが大きく落ち込んでしまいそうですが、できることをやり、ベストを尽くすしかありません。

何とか乗り越える方策を考えていきましょう。

そして繰り返しになりますがそれを支える国や行政の速やかな支援策もお願いいたします。

少しでも希望が持てる年末年始になることを願っております。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声