安倍前首相・・・「結果として事実に反するものがあった。深くおわび申し上げる」

  1. 人と会社・企業

結果として事実に反するものがあった

安倍晋三前首相が今日(12月24日)国会内で問題となっている「桜を見る会」について記者会見しました。

「結果として事実に反するものがあった。深くおわび申し上げる」と謝罪しました。

以下、情報源として産経新聞の記事を一部引用いたします。

安倍晋三前首相は24日、自身の後援会が主催した「桜を見る会」前日の夕食会の費用をした補填した問題をめぐり国会内で記者会見し、国会で事実と異なる説明をしてきたことについて、「当時の私の知る限りの答弁をしたが、結果として事実に反するものがあった。深くおわび申し上げる」と謝罪した。

安倍氏は、政治資金規正法違反(不記載)罪で東京簡裁から罰金命令を受けた後援会代表の公設第1秘書が、一連の責任を取って辞職したことを明らかにした。25日午後には衆参両院の議院運営委員会に出席し、過去の答弁を訂正したうえで経緯を説明する。

安倍氏は、夕食会の費用補填分が政治資金収支報告書に記載されていなかったことに関し、「会計処理は知らない中で行われた」と釈明。補填に充てられた金銭は「(事務所に預けている)手持ち資金の中から支出した」と説明した。

安倍氏は、国会で事実と異なった答弁をしたことについて「行政府の長、自民党総裁、国会議員として国民、与野党全ての国会議員に深くおわびする」と語った。自身の政治責任は「極めて重いと自覚している」とも述べたが、議員辞職や自民党離党の可能性については、「初心に立ち返り、全力を尽くすことで職責を果たす」と否定した(産経新聞 2020年12月24日)。

みなさんはどのような感想を持たれますか?

後援会代表の公設第1秘書が一連の責任を取って辞職

安倍前総理は、公職選挙法違反、政治資金規正法違反の疑いがありました。

しかも、我が国の現役の総理大臣(当時)が国会という国の最高機関で事実と異なる答弁をしていたのです。

政治責任は極めて重いはずです。

しかし、安倍前総理はその自覚があると延べながらも、その責任を取る行動までは至っていないようです。

代わりに責任を取ったのが後援会代表の公設第1秘書です。

一連の責任を取って辞職したそうですが、これを「トカゲのしっぽ切り」と言う人もいることでしょう。

私もそう思わざるを得ません。

結局、「本当の原因はどこにあるのか?」については明らかにされていないことも大問題です。

それどころか、追求すらされていないように見えます。

そうなると、再びこのようなことが起こるおそれがあります。

事態は改善されていないのです。

トップリーダーが責任を取らず、現場にその責任を押しつけるような組織に明るい将来はありません。

そのような組織では不祥事はなくなりません。

リーダーにとって都合の悪い情報は隠蔽される一方で、リーダーはどんどん裸の王様になっていきます。

政治の常識と世間の常識が乖離していては国民は幸せにならない

私はこのようなことがまかり通ってしまうことにただただ悲しくなっています。

言うまでもなく、我が国は法治国家です。

全ての国民は法の下に平等と「日本国憲法」に明記されています。

それが覆るようなことはあってはなりません。

でも、不自然なことがあまりにも多すぎます。

もし、政治の世界に独自のルールがあるのならば是正していただきたいと願っています。

政治の常識と世間の常識が乖離していれば、国民は幸せにならないと思うからです。

そのような国に明るい将来があるでしょうか。

どうか、政治の常識を1度捨て去って欲しいと思います。

最後に、いつも申し上げておりますが、私は特定の支持政党はありません。

国民とその多くが働く中小企業のためになっているかどうかという視点で政治をみています。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声