海外渡航歴のない静岡県内の3人に変異ウイルスを確認・・・3人のうち2人は感染経路が不明

  1. 人と会社・企業

1日に亡くなった人の数が過去最多

本日(19日)、全国で新型コロナウイルスに新たに感染された方の数は5320人となりました(参考:毎日新聞 2021年1月19日)。

亡くなられた方は過去最多となる104人となりました。

これまで1日に亡くなられた方が最も多かったのは今月13日の97人でした。

心より哀悼の意を表します。

静岡県内で変異ウイルスの感染者が確認された

静岡県内で変異ウイルスに感染された方が確認されました。

幸い、3人の方はいずれも軽症のようです。

まずは何よりです。

川勝知事は「感染拡大緊急警報」を発表し、感染防止対策をより一層徹底するよう強く呼びかけています。

以下、静岡第一テレビのニュースを引用いたします。

県内の3人からイギリスで感染が広がる新型コロナの変異ウイルスが確認されたことを受け、川勝知事は臨時の会見を開き「感染拡大緊急警報」を発表した。

19日午後に開かれた川勝知事の臨時会見。これは18日に海外渡航歴のない県内の3人からイギリスで感染が広がる新型コロナの変異ウイルスが確認されたことを受けて開かれたもの。

イギリスの事例では変異ウイルスは感染力が高いと報告されていることから、知事は県をまたぐ移動や会食の自粛など感染防止対策をより一層徹底するよう強く呼びかけた。

一方で、今回の事例は年末年始の特異な環境で起きているとして飲食店への時短要請や休校措置は取らないという。

県では県内の感染者の検体を国立感染症研究所に提供し変異ウイルスの検査を行うと共に、県内でも変異ウイルスが検出できる検査体制を整えると話している(静岡第一テレビのニュース 2021年1月19日)。

変異ウイルスについてのポイントは次の通りです。

変異ウイルスに関する情報は18日夜に判明

18日に厚生労働省が海外渡航歴のない静岡県内の男女3人が変異ウイルスに感染したと発表しました。

確認されたのは静岡県内の20代から60代の男女3人です。

今月上旬に静岡県外で検査を受けた感染者に変異ウイルスの可能性がありました。

その関連の濃厚接触者である県内の女性2人と同じ地域に住む男性の検体を国立感染症研究所が調べたところ、3人に変異ウイルスが確認されたのです。

感染経路については以下の通りです(参考:静岡第一テレビのニュース)。

〇3人のうち2人は感染経路が不明
〇3人とも海外への渡航歴はない
〇静岡県は「市中感染の可能性がある」と説明

3人の状況については次の通りです。

〇3人は軽症で女性2人はすでに回復し、60代男性も自宅療養中
〇3人は不特定多数との接触はなく濃厚接触者はすべて特定できている

濃厚接触者の状況は次の通りです。

〇感染者の濃厚接触者など32人
〇このうちの31人の陰性が確認された
〇厚労省は「市中感染の可能性はあるが静岡で変異ウイルスが面的に広がっている認識はない」という認識

国の責任は極めて大きいのでは?

すでに今月上旬には変異ウイルスが国内に入ってきていたことは明白です。

一体どのような経緯で入ってきたのでしょうか?

考えられる要因のひとつとして、外国人の入国によるものがあります。

1月8日に緊急事態宣言が出されましたが、菅首相のこだわりによって、ビジネス関係者等の外国人の入国は継続していました。

停止されたのはつい先日(14日)です。

この後手後手の対応に納得できない方は多いでしょう。

すでに変異ウイルスは市中感染するほど我が国に入ってきていたのです。

これは、大きな脅威です。

様々な疑問が浮かびます。

この責任を政府は取るべきではないでしょうか?

政府は国民の安全を見ずに、どこを見て政治をしているのでしょうか?

東京オリンピックを実行するのならば、一刻も早く外国人の入国を制限するべきでした。

政府は国民を大切にしてくれているのか疑問に思ってしまいます。

「国民のために働く内閣」になって欲しいと願っています。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください