東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会の森喜朗会長が失言

  1. スポーツ

大会組織委員会のトップリーダーたる方がこのような発言をすることは誠に残念

東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会の森喜朗会長が失言をしました。

女性を軽視していると捉えかねない内容に、世界中から厳しい声が上がっています。

その失言は、昨日の午後に開かれたJOC臨時評議員会で起きました。

以下、情報源としてFNNプライムオンラインの報道記事を一部引用いたします。

東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会トップである森喜朗会長の発言に、世界から厳しい声が相次いでいる。

2月4日、森会長は会見を行い、陳謝したうえで発言を撤回したが辞任は否定した。

午後2時すぎ、会見場に現れた大会組織委員会の森喜朗会長(83)。

大会組織委 森喜朗会長「深く反省をしております。そして、発言をいたしました件につきましては撤回をしたい。不愉快な思いをされた皆さまにはおわびを申し上げたい」

3日のJOCと日本オリンピック委員会内での発言について、不適切な表現だったと陳謝し発言を撤回すると話した。

自身の進退については…。

大会組織委 森喜朗会長「辞任するという考えはありません。皆さんが邪魔だと言われれば、老害が粗大ゴミになったのかもしれませんから、そうしたら掃いてもらえばいいんじゃないですか」

このように述べ、会長職にとどまる考えを示した。

発言があったのは、3日午後に開かれたJOC臨時評議員会。

女性の理事を増やすというJOCの目標に対し、名誉委員として出席していた森会長はあいさつの中で次のように述べた。

大会組織委 森喜朗会長「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります。女性は競争意識が強い。誰かか1人が手を挙げて言われると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね。それでみんな発言されるんです」

この発言が女性への差別や蔑視にあたるとして、日本だけでなく海外の主要メディアもこぞって報じた。

ニューヨーク・タイムズ紙「東京オリンピックのトップが会議への女性参加制限を示唆」

AP通信「費用の増加や開催反対の声が上がっている東京オリンピックに、新たな騒動が持ち上がった」

ワシントン・ポスト紙「(首相在任中の失言を紹介して)内閣支持率が1桁に低迷して辞任した」(FNNプライムオンライン 
 2021年2月4日)

みなさんはどのような感想を持たれますか?

東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会のトップリーダーたる方がこのような発言をすることは誠に残念です。

東京オリンピック開催の可能性の扉を大会組織委員会会長自ら閉めてしまったような印象を持ちます。

世界中から非難が相次げば、我が国に対してマイナスのイメージを抱く人もいるでしょう。

参加をボイコットする選手も現れるかもしれません。

コロナ禍の今だからこそ、発言には十分に注意していただきたかったです。

森会長のこうした発言には既視感があるだけに・・・。

組織のリーダーは体験して学んで改善することが大事

森会長のこのような失言は今に始まったことではありません。

ポイントは、これまでの問題発言の度に行動が改善されてきたのかということです。

森会長は今回「深く反省」という言葉を述べています。

本当に深く反省しているのならば、行動が改善されるはずです。

改善されなければ、「深く反省」という言葉は説得力に乏しいものとなります。

また、森会長は発言を「撤回」すると述べています。

これは「発言を無かったことにする」ことが目的ではないかと考えられますが、それ以前に言葉の多くは注意していなければ一瞬で信頼を失ってしまうことを理解できているかどうかが問われます。

だから「軽率な発言」を慎まなければならないのです。

その意識がとても弱いように感じられるのはなぜでしょうか?

森会長に苦言を呈する側近はいないのでしょうか?

もし、いなければ組織が健全に機能しているとは言えないでしょう。

一般企業では、そのようなリーダーは多くの場合「裸の王様」になります。

また、行動を改善せず、何度も何度も同じ失敗を繰り返すようでは、一般の企業の場合はリーダーとしてふさわしいとは言えません。

だから、いい組織のリーダーには必ず苦言を呈する側近がいるのです。

リーダーは苦言を呈する側近の意見に耳を傾け、かつ、自ら率先して改善していく・・・それがリーダーの器なのです。

いい会社が示している・・・後進に道を譲ってこそ真のリーダー

会社組織は、絶えず変化する外部環境に適応しながら発展していかなければなりません。

適応できなければ「永続」できなくなります。

ですから、いい会社は常に革新(イノベーション)をしているのです。

そのために、いい会社ではトップリーダーの最も重要な仕事が明確になっています。

それは、自分の後継者を育てることです。

その後、自分は身を引くのです。

それが組織の活性化を生み出すのです。

森会長自身が「老害」という言葉を用いていますが、本人にはその自覚はないように感じられます。

後進に道を譲ることができなかったことも今回の事態を引き起こした遠因かもしれません。

それができない状態こそ「老害」なのです。

今回、敢えて苦言を呈しますが、東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会は、7年という歳月の中で革新性に乏しくなってしまっているように見受けられます。

世間の常識と乖離する一方になってしまっている印象です。

特に、コロナ禍でそれが加速し、完全に取り残されてしまった印象すら持ちます。

少しでも事態が好転することを願います。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください