島根県丸山知事・・・東京五輪・パラリンピック開催について「現状のままでは賛成できない」

  1. スポーツ

聖火リレーも改めて「現状のままでは協力し難い」

島根県の丸山達也知事が19日の記者会見で、東京オリンピック・パラリンピックの開催について「現状のままでは賛成できない」と述べました。

その理由は、新型コロナウイルス感染対策が不十分であるためです。

丸山値知事は聖火リレーについても中止を検討する意見を表明しています。

改めて「現状のままでは協力し難い」との考えを示しました。

以下、情報源として時事通信社の記事を引用いたします。

島根県の丸山達也知事は19日の記者会見で、今夏に予定される東京五輪・パラリンピック開催について「現状のままでは賛成できない」と述べ、反対する意向を強調した。

 その理由として、開催都市である東京都で自宅療養者の死亡が相次ぐなど、新型コロナウイルス感染対策が不十分である点を指摘。聖火リレーについても「現状のままでは協力し難い」との考えを重ねて示した。

 丸山氏は17日、県内での聖火リレー中止の検討方針を表明。これに対し、小池百合子都知事や自民党の竹下亘元総務会長(衆院島根2区)らが反論していた。このため、近く上京し、関係各省や竹下氏らに自身の考えを説明したい考えだ。

 19日の会見では、コロナのワクチン接種時期が大会期間中と重なる見通しであることにも触れ、「(都の対応に)より懸念が深くなっている」と述べた(時事通信社 2021年2月19日)。

みなさんはどのような感想を持たれますか?

曖昧なまま開催されては困る・・・安心・安全のラインを決めるべき

昨日のブログでも触れていますが、丸山知事の主張は県民の安全を考えれば至極自然なことだと思います。

それに対して、自民党竹下派の竹下会長が「注意する」と述べて波紋が広がっています。

丸山知事はこの度の会見でもとても重要なことを指摘しています。

丸山知事は近く上京して関係各省や竹下会長に対して自分の考えを説明する考えのようですが、とても素晴らしいことだと思います。

政府および組織委員会が行うべき事はシンプルです。

それは、安心してオリンピックが開催できるようにするためにはどのような状態が望ましいか目標を決めればいいのです。

現状、それが全くと言っていいほど示されていないというのはどういうことでしょうか?

安心・安全の基準を明確にせず、「しれっ」と開催することだけはやめて欲しいと思います。

国は開催ありきではなく、どのような条件が満たされれば開催できるかを示すべき

昨年は3月24日に延期が決まりました。

聖火リレーも3月25日からスタートしますから、それ以前に開催かどうかの決断をしなければならないでしょう。

少なくともこの1ヵ月で開催か中止かを決めなければなりません。

そのための指標を明確に決める必要があります。

例えば、次のことを決めるべきでしょう。

〇新規感染者がどの程度減っている状態ならば開催にGoサインが出せるのか
〇重症者がどの程度減っている状態ならばいいのか
〇無観客で開催することを決定する
〇選手達の生活の工夫(別々で来日、別々で食事等)
〇ワクチンをどの程度接種すればいいのか(来日する選手もふくめて)

これらが決められないとしたら、安心・安全のオリンピック開催は難しいでしょう。

開催は諦めるべきではないでしょうか?

他の知事も声をあげて欲しい

いろいろな意見があって然るべきです。

最もいけないのは発言を許さないような風潮です。

丸山知事は県民の安全が第1であることが伝わってきます。

全国の知事もそれぞれの県民の安心・安全のために声をあげて欲しいと思います。

忖度など関係なく、県民のことを考えるのが知事のいちばんの仕事です。

そうすれば、オリンピックもいい方向に動くかもしれません。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください