大坂なおみ選手が全豪オープンで見事2年ぶり2度目の優勝を果たしました

  1. スポーツ

グランドスラムでは4度目の優勝

大坂なおみ選手が全豪オープンで見事2年ぶり2度目の優勝を果たしました。

おめでとうございます!

大坂選手はグランドスラムでは4度目の優勝となります(2018年全米、2019年全豪、2020年全米、2021年全豪)。

以下、テニスデイリーの記事を一部引用いたします。

20日の「全豪オープン」女子シングルス決勝で、大坂なおみ(日本/日清食品)が第22シードのジェニファー・ブレイディ(アメリカ)を6-4、6-3で破り、2年ぶり2度目の優勝を飾った。その大坂が、試合後のインタビューで試合を振り返り、日本のファンに「勝ったよ!」と優勝を報告した。

同大会2度目、グランドスラム4度目の優勝を果たしたことについて大坂は「本当に嬉しくて、そしてほっとしています。でも、まだ実感が湧いていない感じがします」と正直な気持ちを語った(テニスデイリー 2021年2月20日)。

メンタル面での強さが目立った

大坂選手の特徴は第1セットを先取すると圧倒的な強さを示すことではないかと思います。

これは大坂選手の魅力です。

また敢えて課題と言えば、この気持ちの部分と言えるかもしれません。

しかし、今回の全豪オープンでは何度も崩れそうな場面でも粘り強く切り抜けるメンタルの強さがあったと思います。

大坂選手はそのことについて、次のように述べています。

大坂選手はどうやってそのメンタルの強さを手に入れたかと問われると「経験を積み重ねた結果得られたものだと思います。色々な経験をしたので、それを積み上げていきました」と笑顔を交えて答えた(テニスデイリー 2021年2月20日)。

大坂選手の言葉から、改めてメンタルの大切さと難しさが伝わってきました。

一流アスリートでさえもはじめからメンタルが強い選手はそういないのです。

結果的にメンタルが強くなっていくのです。

何度も何度もつらい経験をしながら・・・。

このことは私たちも日頃の生活や仕事にフィードバックできると思います。

いろいろな経験をしながら強くなっていくのです。

祖父の鉄夫さんも優勝を喜ぶ

大坂なおみ選手の祖父の大坂鉄夫さんも「本物の強さになってきた」と優勝を喜びました。

また、いろんな面で人間的に成長してきたことがうれしいとインタビューに答えています。

以下、読売新聞オンラインの記事を引用いたします。

テニスの全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ選手の祖父で、北海道根室市の大坂鉄夫さん(76)(根室漁協組合長)は報道陣の代表電話取材に応じ、「本物の強さになってきたと家族と喜んでいる。テニスのみならず、いろんな点で人間的に成長してきたとうれしく思っている」と優勝を喜んだ(読売新聞オンライン 2021年2月20日)。

「本物の強さになってきた」という言葉は、きっと大坂なおみ選手本人もうれしいのではないかと思います。

大坂選手の次の目標

大坂選手は次の目標について、次のように述べています。

「次の目標は波が無く、良いプレーをし続けることです。次のハードコートはもちろん、”全仏オープン”でも良いプレーをしたいと思っています」と、これからの活躍を約束した(テニスデイリー 2021年2月20日)。

きっと、大坂選手の最大の敵は自分自身であることがわかっているのでしょう。

波が無く、良いプレーを続けるためには、メンタル面での安定が不可欠です。

メンタル面での強さが安定すれば、全仏オープンも期待できるでしょう。

ぜひ優勝して欲しいと思います。

大坂選手の活躍はコロナ禍の私たちを元気づけてくれました。

「よーし、がんばろう」という気持ちにさせてくれました。

スポーツの素晴らしさを実感すると共に、大坂選手には心から感謝しています。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声