トヨタ自動車の「ウーブン・シティ」の地鎮祭が本日行われました

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

静岡県裾野市の「トヨタ自動車東日本東富士工場」跡地にて

トヨタ自動車が計画を進めている「ウーブン・シティ」の地鎮祭が本日行われました。

この街は静岡県裾野市の「トヨタ自動車東日本東富士工場」跡地につくられます。

豊田章男社長は挨拶で、ウーブン・シティは『ヒト中心の街』『実証実験の街』『未完成の街』の3点がぶれない軸であることを述べました。

以下、情報源としてSBS(静岡放送)の記事を一部引用いたします。

富士の裾野で、未来の街づくりがいよいよスタートします。トヨタ自動車などが計画を進める、暮らしのあらゆるモノやサービスがネットでつながる実証都市「ウーブン・シティ」の地鎮祭が2月23日、建設予定地の裾野市で行われました。

2月23日の地鎮祭は、新型コロナの影響などを考慮し非公開で行われ、トヨタ自動車の豊田章男社長をはじめ川勝平太知事などが出席し、建設工事の安全を祈願しました。トヨタ自動車の豊田社長は、「『ヒト中心の街』『実証実験の街』『未完成の街』がウーブン・シティのブレない軸。多様性をもった人々が幸せに暮らすことができる未来を創造することに挑戦します」とあいさつしました。

トヨタ自動車などが進める「ウーブン・シティ」。裾野市の「トヨタ自動車東日本東富士工場」跡地に新たな街をつくり、自動運転の車を走らせたり、人々が生活を送るリアルな環境のもとでAI技術の導入やロボットなどの新技術を検証したりするものです。ウーブン・シティには当初は360人程度、将来的にはトヨタ自動車の従業員など約2000人が入居する見込みです。

これをチャンスと捉えた裾野市では、「ウーブンシティ」の担当職員を置き、最寄りのJR岩波駅周辺の整備計画を検討しています。「ウーブン・シティ」の建設について、市民の期待も高まります(SBS(静岡放送) 2021年2月23日)。

『ヒト中心の街』『実証実験の街』『未完成の街』というブレない軸

『ヒト中心の街』『実証実験の街』『未完成の街』というブレない軸はトヨタらしい考え方だと思いました。

これらについて簡単に述べたいと思います。

トヨタウェイの2本柱は「知恵と改善」と「人間性尊重」です。

「知恵と改善」は、もっといいやり方があるといい意味で自分を疑い、より高い付加価値を追求して知恵を出し、改善を繰り返すことです。

改善に終わりは無く、果てしなく続いていきます。

永久にPDCAサイクルを回していくのです。

これを違った見方をすれば、未完成という言葉が当てはまるかもしれません。

人間性尊重とは人(社員さんを筆頭にあらゆるステークホルダー)を尊重し大切にすることですが、「人間尊重」とは違う点がポイントです。

その人自身が時間を大切にし、より良い人生(仕事も生活も)にするために知恵を出し続けることが尊重されるのです。

また、トヨタ生産方式の2本柱はジャスト・イン・タイム(必要なものを必要なときに必要なだけつくること)と自働化(にんべんのついた自働化)です。

にんべんのついた自働化も人間性尊重の考えが源にあります。

もし、異常がでることをチェックするのも「人」、機械を止める作業も「人」となると、人がそこに縛られてしまい付加価値を追求する仕事ができなくなります。

異常が出たら機械が自動的に止まるようにすれば、「人」がそれらの作業から解放され、より付加価値の高い知恵が出せる仕事をすることができるのです。

リアルトヨタウン

ウーブン・シティどのような街になるのかとても楽しみです。

豊田章男社長の「多様性をもった人々が幸せに暮らすことができる未来を創造することに挑戦します」という言葉から、私はまさにリアルなトヨタウンができると思いました。

以前のテレビコマーシャルで様々な人が住んでいる描写がありましたが、そのイメージが思い浮かびました。

なお、ウーブン・シティには当初360人程度の人々が住み、将来的には約2000人が入居する見込みです。

暮らしのあらゆるモノやサービスがネットでつながることも、また、自動運転の車を走らせたりAI技術の検証等を行ったりすることも、「ヒト中心の街」だからこそです。

人が人らしく、知恵を出し続ける街。

そうした人々の生き方が尊重される街。

自動車の次の時代のことをトヨタは考えています。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声