東北新社・・・社長は辞任、菅総理の長男は部長職を解く人事(26日付けで)

  1. 人と会社・企業

求められるアカウンタビリティ(説明責任)

東北新社の総務省幹部に対する接待問題が世間の注目を浴びています。

私もコンプライアンスの面で大変注目しています。

東北新社は26日付けで二宮社長が辞任しました。

また、菅総理の長男の菅正剛氏について部長職を解く人事を発表しました。

以下、情報源として「TBS NEWS」を引用いたします。

 総務省の幹部らへの接待問題をめぐり、東北新社は26日付けで二宮社長が辞任するほか、菅総理の長男の菅正剛氏について部長職を解く人事を発表しました。

総務省の幹部らへの接待問題で菅総理の長男が勤務している東北新社は26日付けで、二宮清隆社長が辞任すると発表しました。また、総務省の職員への接待を行っていた子会社の社長を務める木田由紀夫氏も辞任するほか、菅総理の長男の菅正剛氏は部長職を解かれ、人事部付きに異動したということです。

東北新社は、「弊社の一部役職員の行動に起因して、総務省職員が懲戒処分を受けるという重大な事態を招き、関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます」とコメントしています(TBS NEWS 2021年2月26日)。

みなさんはどのような感想を持たれますか?

コンプライアンス違反をした企業はそれに伴うペナルティーがあります。

東北新社にも多くの社員さんが働いていることでしょう。

真面目に働いている方もたくさんいることでしょう。

ぜひともそういった方々のためにも問題点を明確にし、改善して欲しいと願っております。

そのためにも、まずはアカウンタビリティ(説明責任)を果たして欲しいと思います。

今回の件は大きな疑問が残るからです。

特に、次の点を明らかにして欲しいです。

東北新社の関係者はコンプライアンス違反だと知りながら、接待をしたのでしょうか?

一体誰が接待することを指示したのでしょうか?

接待をする側も受ける側もアウト。なぜ厳しく追及されるべきなのか?

今後も山田真貴子内閣広報官と政府の対応に注目が集まります。

総務省在職中であろうとも接待を受けたのは明らかな国家公務員倫理法違反だからです。

国家公務員倫理規定では国家公務員が利害関係者から接待を受けることが禁止されています。

無論、割り勘であっても禁止です。

この国家公務員倫理規程は、公務に対する国民の信頼を確保することを目的としています。

この目的を政府はどれほど重要視しているでしょうか?

政府の対応によってそのことが明確になります。

言うまでもなく、国家公務員は国民全体の奉仕者です。

決して一部の大臣や一部の国民のために奉仕することは「してはならないこと」なのです。

国家公務員の人件費はもちろん、仕事を受注した企業に支払われるお金もすべて「税金」だからです。

だからこそ、公正に職務を遂行することが求められているのです。

繰り返しますが、接待等を受けることは公正さを欠きます。

当然、国民の疑惑や不信を招きます。

だからこそ、厳しく追及されなければなりません。

もし、厳しく追及されなければ「一体何のための国家公務員倫理規定なのでしょうか?」ということになります。

悪しき前例をつくってはならないと思いますがいかがでしょうか?

国民は見ています。

法を順守し、愚直に働いている方々が失望する世の中であってはならない

私は真面目に、愚直に、法を順守し、懸命に働いている国家公務員の方々がいることを知っています。

同じく、真面目に、愚直に、人のために民間企業で働いている方々がいることを知っています。

こういった方々が失望するようなことのない政治や国づくりが今こそ求められているのではないでしょうか?

そのような世の中になっていくことを強く願っています。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声