会社員が夢のない仕事ではありませんが・・・「なりたい職業調査」より

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

会社員がなりたい職業のトップ

第一生命保険が全国の小中高生を対象に、「大人になったらなりたい職業」のアンケートを実施しました。

「会社員」が人気で、男子では、小学生、中学生、高校生、女子では中学生と高校生でトップでした。

以下、情報源として読売新聞オンラインの記事を引用いたします。

第一生命保険は17日、全国の小学生、中学生、高校生を対象にした、大人になったらなりたい職業のアンケート結果を発表した。男子では、小学生、中学生、高校生のいずれも「会社員」が1位で、女子でも中学生と高校生で1位だった。

 小学生男子の2位は「ユーチューバー・動画投稿者」、中学生と高校生男子の2位は「ITエンジニア・プログラマー」だった。一方、小学生女子の1位は「パティシエ」、中学生と高校生の3位が「看護師」だった。

 調査は2020年12月に、小学3年生~高校生3000人を対象にインターネットで実施した。

 小学生の男子で「会社員」がトップとなったことについて、同社では「コロナ禍でリモートワークの導入が進む中、自宅で仕事をするお父さん・お母さんの姿を目の当たりにし、会社員という職業を身近に感じた子どもが多かったのかもしれません」と分析している(読売新聞オンライン 2021年3月17日)。

みなさんはどのような感想を持たれますか?

会社員だからと言って夢が追えない訳ではない・・・一歩踏み込んで仕事について考えましょう

「会社員とは夢がないなぁ」と思う方も少なくないと思います。

私もそういう気持ちがない訳ではありません。

しかし、現実のお話をすれば、会社員だからといって決して夢が追えないわけではありません。

会社員も素晴らしい職業だと思います。

なぜなら、「働く」ことについての醍醐味を理解することで言えると思います。

商品でもサービスでも、仕事というものは必ず誰かに提供されます。

その誰かが喜ぶことを考え、実際に提供する事で実感できた時が仕事の醍醐味なのです。

お客様からも会社の上司や同僚からも、褒められ、必要とされ、役に立っていることが実感できた時に、仕事のやりがいが感じられるのです。

その積み重ねが自分の待遇を高めていくのです。

だだ、会社員というだけでは漠然としすぎていて、他の職業と比べて具体的な仕事のイメージが湧かないのではないかと思います。

一歩踏み込んで、学生のみなさんが会社員になって、どういった商品やサービスをお客様に提供したいか考えて欲しいと思いました。

漠然としている将来を少しだけでも具体的に考えることはとてもいいことです。

そして、商品・サービスを提供して人に喜ばれることが仕事であると学んで欲しいです。

夢や目標を考えることを習慣にしましょう

将来の夢や目標を考えることを苦手にしている人は少なくありません。

「そんなの考えてもどうせ変わるし」や「どうせできっこないし」という否定的な考えをしてしまう人もいます。

その気持ちもわかりますが、どうかそういった先入観を1度取って欲しいと思います。

その上で、習慣化して欲しいと思います。

はじめは苦手でも、次第に慣れてきます。

PDCAサイクルの「Plan」をつくることにも繋がっていきます。

これまで数多くの社長や社員さんたちと接してきての結論ですが、将来の夢や目標を考えている人の方が圧倒的に成果を出しています。

将来のあるべき姿を考えて、自分の人生を豊かにしていきましょう。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください