愛知県の聖火リレー・・・男性限定の区間を女性も参加できるように変更

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

「男性限定」の区間がある

愛知県では6日から聖火リレーがスタートします。

半田市内には江戸時代から続いている「ちんとろ祭り」というものがあり、そこで使用される舟を聖火リレーのコースとして使用することになっていました。

ところがこの舟が「女人禁制」ということで、聖火リレーも男性限定としたことで物議を醸し出しています。

以下、毎日新聞の記事を引用いたします。

愛知県で6日に行われる東京オリンピックの聖火リレーのうち、同県半田市内を舟で通るコースが「男性限定」となっている。同市で江戸時代から続く「ちんとろ祭り」で使用されている舟にランナーを乗せて聖火を運ぶが、舟が伝統的に「女人禁制」であることを踏まえ、同市の申請を受け愛知県実行委員会が決定した。識者からは「男女平等をうたう五輪憲章を理解していないのでは」と批判の声が上がっている(毎日新聞 2021年4月1日)。

オリンピック憲章には男女平等が明記されています。

いかなる差別もあってはならないとされています。

批判の声があがることは当然だと思います。

批判を受けて変更に応じる

このような状態でしたが、半田市は女性も参加できるように変更したようです。

以下、東海テレビの記事を引用いたします。

東京オリンピックの聖火リレーで、男性限定としていた愛知県半田市を舟で通るコースについて、市が女性も参加できるように変更したことを受けて、組織委員会の橋本聖子会長が「協力に感謝している」とコメントしました。

 半田市では、4月6日に行われる聖火リレーのうち、半田運河を「ちんとろ舟」で通るおよそ200メートルの区間が男性限定とされていました。

 ちんとろ舟は女人禁制のため、当日は地元の男性ら30人ほどが舟に乗り込み、お囃子で祭りを再現する予定でしたが、「男女平等をうたう五輪精神にそぐわない」といった声も上がったことなどから、市は女性も参加できるように変更しました(東海テレビ 2021年4月2日)。

伝統を守る方を取るか、オリンピック憲章を遵守する方を取るか、本当に難しい問題だったと思います。

半田市は結果的にオリンピック憲章を遵守する方を取りました。

私はとても素晴らしいことだと思います。

それは人類としての進歩だと思うからです。

誰でも「アンコンシャス・バイアス」が誰でもあることを踏まえて

そもそも女人禁制、或いは男子禁制といったものは、宗教的な意味合いも強くあり、なかなか難しい問題だと思います。

それを伝統として守ってきたことに何の疑いもなかったことでしょう。

このこと自体は尊重するべきだと思います。

しかし、女人禁制や男子禁制になった要因は、科学的根拠は全くないものです。

無意識の思い込み(イメージ)によってつくられたものです。

これはこれまでの伝統を否定するものではありませんので、誤解ないことを願っています。

大切なのはこれからです。

女性も男性もより住みやすい世の中にしていくために、どうしていくべきか考える必要があります。

オリンピック憲章はそのきっかけを与えてくれたと思います。

なお、相撲界でも女性が土俵にあがることは許されません。

しかし、近年では女人禁制が解かれる動きがあるようです。

男女平等、男女共同参画のために

男女の区別は必要であっても、差別はいけません。

差別について、以下、デジタル大辞泉より引用します。

取り扱いに差をつけること。特に、他よりも不当に低く取り扱うこと。

区別は平等です。

差別とは、明確に差を付けることです。

男女平等が叫ばれて久しいです。

男女共同参画に取り組んでいる企業も増えてきました。

しかし、難しいのは差別しているつもりがなくても、そのようにしてしまうことが誰でもある点です。

企業支援の現場でも男女の差別が無意識のうちに行われている場面に出くわします。

それが「アンコンシャス・バイアス」です。

その先入観や思い込みをいかに取り除くかがカギとなります。

そのために、物事の本質を考えることがとても重要です。

一方的なものの見方をせず、逆転の発想も必須です。

判断基準は「人として正しいか正しくないか、自然か不自然か」です。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声