新入社員のみなさんへ・・・希望と不安の両方を大切にしていきましょう

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

私はがんばりたくないという人はいない・・・本日入社の心を忘れずに

4月から新たな生活がはじまりました。

各地で入社式が行われています。

今日ははじめての週末、新入社員のみなさんはホッとした時を過ごされていることでしょう。

今、みなさんは仕事をがんばりたいと思っているはずです。

入社初日から「私は仕事をがんばりたくありません」という人はいないからです。

これからいい仕事をたくさんされて、最高のやりがいを得られるようにして欲しいと願っています。

今日はみなさんにそうなっていただくためのヒントとなる話しをしたいと思います。

少しでも参考となれば幸いです。

希望と不安の両方を大切に

今、みなさんには希望と不安の両方があると思います。

どうか両方の気持ちを大切にしてください。

希望を持ち続けることは実はとても難しいことです。

その都度、希望に満ちていた入社時のことを思い出しましょう。

また不安は必ずしもマイナスではありません。

不安をなくそうとすることは、自分を高めることに繋がっていくからです。

会社側に期待することも大きいでしょう。

でも、会社がすべて期待に応えてくれることはありません。

これは例え本物の素晴らしい会社でもそうです。

会社がみなさんの期待に応えるようになるには、みなさん自身が人格やスキル等の面でレベルアップしていくことが不可欠なのです。

いい仕事をするとは

では、いい仕事とは一体何でしょうか?

そのためにはまず仕事の本質を理解する必要があります。

簡単です。

仕事とはそれが商品であれサービスであれ必ず人に提供されます。

ならば、仕事の本質が見えてきます。

それは仕事を提供した人に喜ばれることです。

仕事は人から必要とされ、役に立ち,褒められることが本質です。

それらに「愛される」を加えれば、人生の幸せの本質にもなります。

みなさんはその積み重ねによって評価され、給料等の待遇面が充実してくるのです。

なお、どんなにいい大学を卒業していてもいい仕事ができるとは限りません。

仕事の本質を理解していないといい仕事はできないのです。

逆に、出身大学でその人の評価が決まるような会社組織は大問題です。

不安は自らを高めるチャンス。逆転の発想で壁を乗り越えて

ここからみなさんは仕事のこと、人間関係、会社のこと、自分の待遇のこと等、たくさんの悩むことが出てくることでしょう。

これらが不安の源になっていると思います。

でも、安心してください。

それらの壁は必ず乗り越えることができます。

壁にぶつかった時こそチャンスです。

みなさんが確実にレベルアップするからです。

それは人が人らしく生きる上でも不可欠なことであると断言します。

本当に尊敬できるリーダーはその体験が豊富にあります。

たくさんの悩みにぶつかり、改善し、克服し、それを繰り返してきた人が真のリーダーには不可欠です。

それらを知らない人は真のリーダーにはなれません。

仕事で悩んだ時に行って欲しいこと

もし仕事で悩んだら次のことを実践してみてください。

それは、その仕事の目的を確認することです。

そもそもその仕事は何のためにするのか明確にすることです。

誰に提供されるのか明確にして、どのように提供されれば喜ばれるのか考えることです。

さらに、いつまでに、どこで、いくらで等を考えていきましょう。

これらはいい仕事をする上で不可欠な段取りにも繋がっていきます。

はじめは段取りの質も悪いですが、次第に慣れていきます。

たったこれだけのことで仕事の悩みが解消されていきます。

少なくとも「何をしていいかわからない」という状態はなくなります。

なお、仕事の目的が明確になっていないときは、その仕事を行うべきではありません。

すべて時間の無駄になるからです。

必ず仕事の目的を明確にしましょう。

みなさんには無限の可能性があります

今、みなさんが思い描く将来の希望は何でしょうか。

お金を稼ぎたい、休みがいっぱい欲しい、人に認められたい、出世したい等の目標があるかもしれません。

これらは仕事の本質を忘れないようにすることで大抵達成できます。

つまり、仕事を通じて人に褒められ、必要とされ、役に立つことを実感できるような「人財」になることです。

今所属している会社が本物のいい会社ならば、会社からかけがえのない人財として大切にしてもらえることでしょう。

そうなるように、希望と不安の両方の気持ちを上手に活用して自分を高めていきましょう。

みなさんには無限の可能性があります。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声