東京オリンピック・・・ドクターと看護師のボランティア募集。お金の使い方が変では?

  1. スポーツ

200名程度のスポーツドクターを募集。先日も500名の看護師を募集

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会が200名程度のスポーツドクターを募集しているという報道がありました。

謝礼はなく、ボランティアとしての扱いだそうです。

1日9時間程度を数日間従事することが条件のようです。

大会組織委員会は、先日も看護師500名の確保を日本看護協会に依頼しています。

以下、情報源として「TBS NEWS」の記事を引用いたします。

東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、大会組織委員会が日本スポーツ協会を通じて200人程度のスポーツドクターを募集していることがわかりました。

 組織委員会が募集しているのは、日本スポーツ協会公認のスポーツドクター200人程度です。

 関係者によりますと、交通費は支給しますが、謝礼は支払わないボランティアとしての扱いだということです。活動は競技会場の医務室などで熱中症や新型コロナの疑いがある人の診療などで、1日9時間程度、数日間従事することを条件としています。

 組織委員会は先月にも日本看護協会に看護師500人の確保を依頼していますが、感染拡大が続く中、医療スタッフの確保が課題となっています(TBS NEWS 2021年5月4日)。

みなさんはどのような感想を持たれましたか?

何かがおかしいと多くの方が感じていると思います。

安心・安全なオリンピックを開催するために、医療スタッフの確保は極めて重要です。

最優先事項のひとつと言ってもいいでしょう。

そこで疑問が沸き上がります。

なぜボランティアという立場で募集しようとするのでしょうか?

200人のドクター、500人の看護師を集めることが本当に必要ならば、好待遇で集めるということをしていただきたいと思います。

言うまでもなく、今は新型コロナウイルスとの闘いの真っ最中です。

大会組織委員会は、今、大阪で何が起こっているのか知っているはずです。

大阪府では重症病床を増やしたくても看護師が不足している

先日は大阪府の医療が逼迫している記事を書きました。

大阪では、重症者の数が重症病床数を上回っているという危機的状況が続いています。

その最大の要因は、看護師が足りないことです。

看護師を確保することはとても難しい状況にあるのです。

そのために私は待遇改善が必須であることを述べました。

今すぐにでも好待遇で全国から看護師を集めるべきです。

自宅待機している感染者が増え続けている今、一刻の猶予もないでしょう。

そのような状況を考慮すればするほど、東京オリンピックでの看護師の「ボランティア」募集は違和感を覚えずにはいられません。

大阪府では看護師が足りないのです。

ぜひ好待遇で募集を徹底してください。

なお、もしドクターや看護師の方の中に公務員がいたとして、報酬はもらえないと思っている方がいたならば、ご安心いただきたいと思います。

副業解禁の動きが広がっている今ならば、問題はクリアできるでしょう。

ボランティアは強制ではないし、自主性がとても大切

ボランティアで大切なことは自主性です。

尾畠春夫さんはその鏡です。

ですから、はじめからボランティアに甘えるような構図や、ボランティアの善意に甘えることも私は違和感を覚えています。

オリンピックはボランティアでなければいけないというような風潮も一部感じられますが、これこそ正しくないと思います。

人が知恵を出し、労働力を提供しているのですから、当然の対価があって然るべきです。

それらが予算に組み込んでいないことの方が不自然ではないでしょうか?

莫大な予算はどこへ行った?

繰り返しますが、最も重要な医療の現場を任せるドクターや看護師を集めるのに、はじめからボランティアでお願いすることに私は違和感を覚えています。

東京オリンピックには莫大な予算が投入されています。

私たちの血税も投入されています。

莫大な予算が計上されているのに、現場で働く人がボランティアというのは不自然すぎるのです。

そもそも、人の命を左右する大切な仕事をお願いするのに、なぜボランティアなのでしょうか?

どうも優先順位が違うような気がしています。

東京オリンピックは新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期しているのです。

ならば、安心・安全なオリンピックにしていくことが今大会の命題です。

しかし、実際にはその反対のような動きをしているように見えます。

敢えて申し上げれば、むしろ主催者側がボランティアで、現場で働く人が給料をもらうべきではないでしょうか?

予算が厳しいというならば、そもそもの計画が間違っているのではないでしょうか?

お金は大切なことに使うべきです。

命を守ることを最優先に使うべきです。

オリンピックは商業主義で大いに結構ですが、お金はごく一部ではなく全体に流れるようにするべきだと考えます。

理由は単純です。

少なくない額の私たちの血税が使われているからです。

それがごく一部にしか行き渡らないように見えてしまうことが問題なのです。

そういったことが国民に見透かされていないでしょうか?

アスリートの方々を応援する気持ちとは別ですが、オリンピックが国民にとっていまいち盛り上がりに欠けているのは、そのような構図が見えているからだと思います。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください