米国・・・日本の危険度を最も高いレベル4「渡航してはならない」に引き上げ

  1. スポーツ

新型コロナ変異株に感染したり拡散させたりするリスクがあるかも

アメリカの国務省が新型コロナウイルスの感染状況を受けた各国の渡航情報を見直しました。

日本の危険度は、最も高いレベル4「渡航してはならない」に引き上げられました。

以下、時事通信社の記事を引用いたします。

米国務省は24日、新型コロナウイルスの感染状況を受けた各国の渡航情報を見直し、日本の危険度を最も高いレベル4「渡航してはならない」に引き上げた。東京五輪開幕まで2カ月を切る中、日本の感染状況に米国が厳しい目を向けていることを示した。

 米疾病対策センター(CDC)は、国務省の渡航情報に合わせ更新した国別の新型コロナ情報で、日本について「ワクチン接種を完全に終えた者でも、新型コロナ変異株に感染したり拡散させたりするリスクがあるかもしれない」と指摘。「日本へ行かなければならない場合は、渡航前にワクチン接種を終える」よう求めた。五輪には言及していない(時事通信社 2021年5月25日)。

ワクチン接種を終えた人であっても、新型コロナ変異株に感染したり拡散させたりするリスクがあるかもしれないという部分は不安になります。

これを受けて、加藤官房長官は東京五輪開催に関して影響はないとの見方を強調しました。

以下、読売新聞オンラインの記事を引用いたします。

米国が新型コロナウイルスの感染拡大を理由に日本への渡航中止を勧告したことについて、加藤官房長官は25日の記者会見で「必要な場合の渡航まで禁止されているものではない」と述べた。「引き続き情報収集を行うなど適切に対応していきたい」とも語った。

 7月23日に開幕する東京五輪に関しては、「今回の判断と米国からの選手団の派遣は関連していないとの説明を米国から受けている」と述べ、影響はないとの見方を強調した。ただ、政府内からは「五輪への影響がないとは言い切れない」との声も出ている(読売新聞オンライン 2021年5月25日)。

茂木外務相や丸川五輪相も「影響はない」というスタンスを示しました。

リーダー達のこうした判断に私はとても不安になりました。

「影響がない」というより、「五輪は何が何でも開催する」ということなのだと思ってしまいました。

政府内からの「五輪への影響がないとは言い切れない」という声が最も国民の声に近いと思います。

どうかこうした声に耳を傾けて、安心・安全を追求して欲しいと願っています。

どんなにリスクの高い情報が出てもオリンピック開幕に突き進むのでしょうか?

米国務省が我が国をレベル4に引き上げたのは、どういった理由でしょうか?

当たり前ですが、そもそも我が国が安心・安全でないからです。

それでも「影響がない」と言いきれるリーダー達を見ていると、我が国の政府はどのような情報でも東京オリンピック開幕に突き進むのではないかとさえ思ってしまいます。

本来はとことん議論すべきなのですが、そのような動きは認められません。

都合の悪い情報に対してあまりにも都合良く解釈しすぎだと感じています。

まるであらかじめ決められているかのようです。

もしこのまま強行して何かあった場合、責任は誰が取るのか?

もし、レベル4のままの状態でオリンピックが開幕したとします。

来日したアメリカの選手やスタッフ、メディア関係者に感染者が出て、命を落とすようなことがあったら、責任は誰が取るのでしょうか?

日本政府の責任は極めて大きいですが、取れるのでしょうか?

現時点において、その可能性が全くないと言いきれる人はひとりもいないのです。

東京オリンピックが安心・安全な大会だと銘打っている以上は、それを実現するために今やれることをやるべきです。

それが見えないのがとても残念です。

私は東京オリンピックが安心・安全が保証できるのならば開催して欲しいと思う一方、保証できなければ中止或いは延期するべきだと思っています。

このままの状況が続けば、後者の状況がどんどん強くなってしまいます。

政府には様々な状況を両目で見て、様々な意見に耳を傾けて欲しいと強く願っています。

大丈夫でいきましょう!

弊社のクライアント(お客様)の声です。
弊社のお客様への接し方や
支援の雰囲気が伝われば幸いです。

お客様の声