竹中平蔵氏「世論はしょっちゅう間違ってますから」・・・この言葉に責任を

  1. ワーク・ライフ・バランス 働き方改革

東京オリンピックを開催するか中止にするかの議論自体がおかしい?

慶応大学名誉教授でパソナ会長の竹中平蔵氏がテレビ番組で、「世論は間違ってますよ。世論はしょっちゅう間違ってますから」と発言しました。

竹中氏によると、オリンピックの開催か中止かの議論自体がおかしいのだそうです。

以下、デイリーの記事を引用いたします。

慶応大学名誉教授でパソナ会長の竹中平蔵氏が6日、読売テレビで放送された「そこまで言って委員会NP」に出演。東京五輪・パラリンピックについて、「世界に対して『やる』と言った限りはやる責任がある」と発言。そもそもが開催か中止(延期)か議論事態がおかしいとの意見を述べた。

 竹中氏は「なんでやるか、やらないか、あんな議論するか、私は分からない。だって、オリンピックってのは、世界のイベントなんですよ。世界のイベントをたまたま日本でやることになっているわけで、日本の国内事情で、世界に『イベント(五輪)やめます』というのは、あってはいけないと思いますよ。世界に対して、『やる』と言った限りはやる責任があって」と『世界の五輪』を新型コロナウイルス感染拡大という「日本の国内事情」を理由に中止するなどはありえない、とした。

 さらに、落語家・立川志らくが「世論の6、7割が(五輪は)中止だって言ってる、世論が間違ってるってこと?」とたずねると、「世論は間違ってますよ。世論はしょっちゅう間違ってますから」と平然と答えていた(デイリー 2021年6月6日)。

まず、竹中氏には言った言葉に責任を持っていただきたいと思います。

竹中平蔵氏が間違っているという世論。

その世論を形成する国民のひとりとして、間違いついでに苦言を呈したいと思います。

そもそも、竹中氏はなぜ東京オリンピックについて中止という世論が大きいのか見えていないのでしょうか?

当たり前の事を申し上げますが、大切な人の命が失われるおそれがあるからです。

つまり、それは安心・安全のオリンピックとは正反対の状況です。

竹中氏の発言からは、この根本がすっぽりと抜け落ちてしまっている印象を持ってしまいます。

世論とは?世論が間違っているという判断自体がおかしいのでは?

世論とはデジタル大辞泉によりますと次のように記されています。

ある社会の問題について世間の人々の持っている意見。よろん。せいろん。「世論を反映させる」「世論の動向」
[補説]「輿論(よろん)」の書き換えとして用いられ、「よろん」とも読まれる。→輿論[補説]

竹中氏によると世論はしょっちゅう間違っているそうです。

しかし、そもそも世論について間違っているという認識を持つこと自体がおかしいのではないでしょうか。

ある社会の問題について、様々な意見があって然るべきです。

それを間違っているという認識を持ってしまうこと自体、とても危険ではないかと思いました。

その世論から、すべての国民が幸せになるように政策をつくっていくことが政府の重要な仕事のはずです。

竹中氏の発言から、なぜ政府は国民の気持ちを無視したかのような政治を行ってしまうのか、その要因がわかるような気がします。

「世論は間違っている」「自分が絶対に正しい」と思いこんでいれば、国民の意見に耳を傾けることはできないのです。

成長戦略会議、大丈夫ですか?

私はとても悲しい気持ちになっています。

竹中氏のこれまでの発言から、残念ながら人の命や生活を大切にしようとする姿勢が感じられないからです。

その竹中氏は菅政権において成長戦略会議のメンバーです。

成長戦略会議は一体何のために行われているのでしょうか?

言うまでもなく、国は国民を幸せにすることが使命です。

成長戦略会議もそこに繋がるために行われているはずです。

しかし、そのメンバーの中に「世論はしょっちゅう間違っている」と平然と言える人がいるとしたらどうでしょうか?

間違っているのは、世論と向き合おうとしないその姿勢ではないかと思います。

大変申し訳ないのですが、このような人が成長戦略会議のメンバーでいることが国民にとって悲劇だと思います。

人の命を何とも思っていない?自分のやってきたことを振り返るべき

竹中氏は1997年10月の小渕内閣から、森内閣、小泉内閣、安倍内閣、菅内閣と政権と深い関わりを持っています。

素朴な疑問ですが、その結果、国民は幸せになったのでしょうか?

残念ながら、私にはそうは思えないのです。

竹中氏にはご自身が進めてきた取組を振り返り、省みていただきたいと思います。

なぜ我が国では働く人の賃金格差が広がったのでしょうか?

なぜ我が国では働く人の実質賃金が高まらないのでしょうか?

なぜ我が国では厳しいデフレ経済になってしまったのでしょうか?

なぜ我が国では全労働者のうち、非正規の社員さんが4割を占めるようになってしまったのでしょうか?

なぜ我が国では少子化に歯止めがかからないのでしょうか?

なぜ若者が未来を悲観的に考えるようになってしまったのでしょうか?

成長戦略会議を進めていく上で、これらの問題は避けて通れないと思います。

どうかよろしくお願いします。

日本が国民が幸せになる国になるために。

大丈夫でいきましょう!

弊社の講演会・セミナーの特徴は
お客様の高い満足度です。
企業支援の事例や現場のノウハウが
フィードバックされるためです。

詳しくご覧ください