毎月勤労統計調査の不正に新たな問題・・・賃金が大きく出やすい手法が採用されていた?

毎月勤労統計調査の不正に新たな問題が浮上毎月勤労統計調査の不正に新たな問題が浮上しているようです。この調査は2~3年に対象を入れ替えるのですが、2018年に実施したものは厚生労働省が主導する形で賃金が大きく出やすい手法が採用されていたようなのです。従来は対象を見直すと下振れしやすい仕組みでした。…